ここから本文です

呼吸器外科研修内容 -臨床研修ー

Ⅰ.呼吸器外科専門医資格認定試験申請条件

呼吸器外科専門医資格認定試験申請条件は、

  1. 外科専門医取得
  2. 卒後修練7年以上
  3. 呼吸器外科学会認定修練施設での3年以上の修練④修練期間中の経験すべき手術の経験
  4. 呼吸器外科学に関する業績(学会発表、論文発表)
  5. 研修実績(学会参加)
  6. 日本呼吸器外科学会および日本胸部外科学会の3年以上の会員歴などである。

以上のように呼吸器外科学会専門医資格認定試験申請のためには、まず、日本外科学会専門医を取得する
必要がある。
 
日本外科学会専門医は日本外科学会専門医修練カリキュラムに沿った修練を指定施設で行い、修練開始後満4年以上で予備試験を受け、修練開始後満5年以上で
面接試験を受け合格すると認定される。つまり段階構造となっている。(図参照)
 
当院は日本呼吸器外科学会、日本外科学会、日本心臓血管外科学会などの認定施設に指定されており、当院単独での修練でも、外科専門医、呼吸器外科専門医を
取得する事が可能である。
 
卒後初期臨床研修2年間、その後の後期研修3年間で外科専門医を取得することとなるが、呼吸器外科手術などの修練も必須であり上述の段階構造も踏まえて一般外科、
心臓血管外科、救急部などとも綿密に連携を取りながら下記の呼吸器外科の後期研修をする事になる。

 

Ⅱ.3年間の臨床研修内容

1年次 呼吸器外科総論、手術適応の判断、術前後抗癌剤治療、術前後感染症の抗生剤治療、術前後の管理、呼吸器外科的検査と画像診断の基礎と実際(胸部X線、CT、MRI、RI、PETなどの画像検査、気管支鏡、胸腔穿刺検査、呼吸器機能検査、胸腔鏡検査、経皮生検、エコーなど)、呼吸器外科的処置(気管切開、胸腔ドレナージ、中心静脈カテーテル、人工呼吸器管理など)、胸部外傷の初期診断と治療、手術(胸腔胸補助下手術も含む)(開胸、閉胸、肺部分切除、気胸手術、胸壁腫瘍切除など)、症例報告などの学会発表と論文作成
2年次 術後合併症(肺炎、気管支・肺婁、肺塞栓症など)に対する初期治療、呼吸器外科的処置(心嚢ドレナージ、輪状甲状軟骨切開など)、胸部外傷を中心とした多発外傷の診断と初期治療、手術(胸腔胸補助下手術も含む)(肺葉切除、肺区域切除、胸郭形成、縦隔腫瘍切除、縦隔ドレナージなど)、症例報告、原著論文などの学会活動
3年次 重症術後合併症の診断治療、重症胸部外傷を中心とした多発外傷の診断治療、緊急手術の適応の判断と施行、呼吸器外科的処置(気道異物摘出、気管支ステント留置、胸腔鏡下生検など)、手術(胸腔胸補助下手術も含む)(肺全摘術、胸膜肺全摘、気管支形成を伴う肺葉切除、浸潤臓器合併切除を伴う肺切除、空洞切開・形成、気管支婁閉鎖、膿胸手術、胸壁再建、拡大胸腺摘出手術、浸潤臓器合併切除を伴う縦隔腫瘍手術など)、研修医への指導、症例報告や臨床研究の発表、論文作成など。

 

図 卒後年数と外科専門医および関連外科専門医カリキュラムの概要

呼吸器外科卒後年数と外科専門医および関連外科専門医カリキュラムの概要

このページを印刷する
本文はここまでです