ここから本文です

血液内科 -臨床研修ー

1.血液内科の診療

1)白血病や悪性リンパ腫などの造血器悪性腫瘍、再生不良性貧血や骨髄異形成症候群などの

幹細胞異常性疾患、難治性貧血、血友病や血小板減少性紫斑病など全ての血液疾患を診療対象としている。

 
2)難治性血液疾患に対する新しい治療法として骨髄移植・造血幹細胞移植を積極的に行っている。

移植成績は良好で生存率は全国平均を大幅に上回っている。当院は青森県として成人に対する唯一の骨髄移植推進財団(骨髄バンク)採取・移植施設である。

 
3)厚生労働省の指定するHIV中核拠点病院として近年増加し続けるHIV感染症診療に対応している。
 

2.後期臨床研修医(シニアレジデント)教育の到達目標

臨床医学全般・内科学全般に対しての幅広い常識をそなえた専門医を育成する。

1年次 ①指導医とともに造血器悪性腫瘍の診療を習得する。
②血液疾患の診断学を習得する。
③血液疾患の治療学を習得する。
2年次 ①主治医として独立し造血器悪性腫瘍の診療を習得する。
②造血幹細胞採取および自家末梢血幹細胞移植を習得する。
③地域医療連携を習得する。
3年次 ①造血器悪性腫瘍に対する同種造血幹細胞移植を経験する。
②HIV診療を経験する。

3.学会活動

積極的な学会活動(年1回以上の国内主要学会総会参加、年数回の地方会参加)と論文作成を推奨する。
 
1)国内学会

日本内科学会総会・日本血液学会総会・日本臨床血液学会総会・日本造血細胞移植学会総会・日本輸血細胞治療学会・日本エイズ学会

 
2)海外学会

American Society of Hematology、American Society of Clinical Oncology

4.学会認定専門医

日本血液学会専門医として認定を受けようとする者は、次の各号に掲げるすべてに該当し、かつ当該学会の実施する専門医認定試験を受験しなければならない。
 
1)日本内科学会認定内科医または日本小児科学会小児科専門医である者
2)卒後6年以上の臨床研修を必要とし、このうち3年以上日本血液学会が認定した研修施設において

臨床血液学の研修を行った者

3)申請時に継続して3年以上本学会会員である者
4)臨床血液学に関係した筆頭者として学会発表又は論文が2つ以上ある者

このページを印刷する
本文はここまでです