ここから本文です

研修の評価(救命救急センター) 

1.症候に対する初期評価・治療

自己評価 指導医評価 自己評価 指導医評価
ショック 意識障害
失神 めまい
頭痛 痙攣
呼吸困難 動悸
高血圧緊急症 腰背部痛
鼻出血 喀血
吐下血 腹痛
嘔吐 便通異常
(下痢・便秘)
黄疸 乏尿・無尿
血尿 体温異常
出血傾向 皮疹
運動麻痺 精神症状

2.検体検査と評価

自己評価 指導医評価 自己評価 指導医評価
血液型判定、
血液交差適合試験
動脈血ガス分析
末梢血 電解質
生化学 薬物濃度検査
検尿、妊娠反応 髄液
便潜血 喀痰
インフルエンザ
迅速キット
パルスオキシ
メーター

 
 

3.画像診断と評価

自己評価 指導医評価
単純X線
超音波
FAST
CT
心電図

 
 

4.輸液・輸血

自己評価 指導医評価
体液バランス
輸液、輸血の組成
輸液、輸血の適応、投与量
合併症

 
 

5.必須の基本手技

自己評価 指導医評価 自己評価 指導医評価
心肺蘇生法 気管挿入
除細動 胸腔ドレーン
胃洗浄 創傷処置
(洗浄、縫合含む)
切開、排膿 骨折整復
末梢静脈路確保 中心静脈路確保
動脈穿刺 喀血
観血的動脈圧モニター 腰椎穿刺
機械的換気による
呼吸管理
胃管挿入
膀胱バルーン挿入 耳鏡
中心静脈圧測定 緊急薬剤の使用

 
 

6.望ましい基本手技

自己評価 指導医評価 自己評価 指導医評価
開胸心マッサージ 気管切開
輪状甲状穿刺・切開 緊急ぺーシング
(経静脈的、経皮的)
心嚢穿刺 肺動脈カテーテル
IABP イレウスチューブ
SBチューブ 血液透析
(血液浄化法)
全身麻酔 消化器内視鏡
気管支鏡

 
 

7.緊急疾病に対する診断、初期治療

自己評価 指導医評価 自己評価 指導医評価
中枢神経系 心・血管系
呼吸器系 消化器系
泌尿器・生殖器系 筋・骨・支持組織
代謝・内分泌系 血液系
免疫系

 
 

8.外因性救急の診断、初期治療

自己評価 指導医評価 自己評価 指導医評価
頭部外傷 脊椎・脊髄損傷
顔面外傷 胸部外傷
腹部外傷 骨盤外傷
四肢外傷 多発外傷

 
 

9.他疾患に対する診断、初期治療

自己評価 指導医評価 自己評価 指導医評価
熱傷 急性中毒
熱中症 低体温
溺水 異物
縊頚

 
 

10.外来診療一般>

自己評価 指導医評価 自己評価 指導医評価
コミュニケーションスキルを実践 服装、身なり
てきせつな言動、振る舞い 問診
身体所見のとりかた 鑑別診断のあげ方
カルテ記載(POMR形式) 鑑別診断のあげ方
ピットホールを回避できる チームリーダーとしての対応
院内外スタッフとの協力・調整力

 
 

11.標準的治療の実践

自己評価 指導医評価
BLS
ACLS
PALS
CT
BTLS(or JPTEC)

 
 

12.救急災害医療

自己評価 指導医評価
トリアージを説明できる
災害時の救急医療体制を理解
地域のメディカルコントロールを把握
地域の救急医療体制を理解
このページを印刷する
本文はここまでです