ここから本文です

放射線部研修内容 -臨床研修ー

Ⅰ.放射線診断

1.研修の基本方針

臓器の解剖、疾患ごとの病態、各診断モダリティの特徴を理解し、論理的な診断を心がける。モニター診断を行い、Wet readingを目標とする。
指導医とともに再読影後、電子カルテ上に配信となる。

2.研修計画(以下の習得をめざす)

① 各診断モダリティの特徴
② CT、MRI、血管造影、核医学検査の適応と読影の基本
③ 造影剤の使用と禁忌、副作用
④ 画像処理の利用と読影
⑤ 放射線防護、被曝に関する基本

Ⅱ.インターベンショナル・ラジオロジー(IVR)

1.研修の基本方針

患者の”Quality of Life”を第一に、各診療科との密接な協力関係のもと集学的治療としてのIVRを意識し、診療にあたりながら、以下の習得を目指す。
 

1)各臓器の解剖(血管解剖を含む)、疾患ごとの病態の把握

2)治療手技の適応と限界、禁忌

3)インフォームドコンセントと倫理

4)術前画像診断と治療戦略。

5)X線テレビ、DSA、超音波の原理と使用法

6)カテーテル等デバイスの種類、適応、使用法と技術

7)造影剤の使用と副作用、その対処法

8)患者と術者の被爆と監視

9)術後管理、合併症とその対処法

10)奏功症例、治療成績や新知見の口頭発表、論文作成

2.研修計画

IVR指導医の助手として、あるいは指導医監視下に術者として、以下の手技を経験しながら、穿刺やガイドワイヤー、カテーテル等の操作、デバイスや塞栓物質の選択、手順やend point、禁忌、注意点について習熟を目指す。
 

1)塞栓術

①冠動脈塞栓術(TACE)

②動静脈奇形、動静脈瘻

③緊急止血(術後、外傷)

④術前

⑤塞栓物質が迷入した場合の除去法。

⑥門脈塞栓術、BRTO

2)動注化学療法

①頸部悪性腫瘍に対する動注化学療法

②骨盤内悪性腫瘍

③リザーバー留置

3)血管形成術

①動脈、静脈ステント留置

4)CT下生検
このページを印刷する
本文はここまでです