ここから本文です

眼科研修内容 -臨床研修ー

Ⅰ.プログラムの目的と特徴

 
卒後初期研修の到達目標達成後、眼科専攻医としての研修を行なう。
 
この後期臨床研修医(シニアレジデント)プログラムを終了することにより、眼科一般医として眼科領域の疾患の診断、治療に責任をもって対処できる知識と技量を有し、チーム医療の一員として相互監査と客観的な自己評価による医療の質の向上に努力できるよう、臨床医としての倫理観の確立を目標とする。
 
また、3年間に眼科医療に関する知識と技能を深め、眼科専門医として自立できるように、日本眼科学会専門医制度「眼科研修医ガイド」にそった十分な研修が実施されることを目標とする。

 

Ⅱ.研修内容と到達目標

 

1年次

1)外来においては屈折検査、視力矯正検査、細隙灯顕微鏡検査、眼圧検査、眼底検査、

視野検査などの基本的眼科検査を習得後、蛍光眼底撮影、超音波検査、OCT検査など、

種々の眼科精密検査を習得する。

2)入院では指導医と共に患者を受け持ち、患者とその家族と関わり、チーム医療の

あり方を学習する。

3)基本的眼科治療技術について、指導医の指導の下に積極的に研修する。

4)指導医の手術助手を務め、基本的手技や手術理論を習得したあと、

外眼部手術を指導者の下で執刀する。

5)救急患者の手術には、夜間も含め積極的に助手として参加する。

2年次

1)各種光凝固術を指導医の確認を受けながら開始する。
2)外眼手術の他、指導医のもとに白内障手術を部分的に執刀開始。
3)後期は難易度の低い症例を選び、白内障手術を指導医の指導の下に執刀。
4)外傷手術の簡単なものは指導医の指導の下で執刀。

3年次

1)緑内障や裂孔原性網膜剥離手術なども症例を選び、指導医の下、執刀。
2)新生児医療センターにおける未熟児の眼底検査を習得。

 
Ⅲ.日本眼科学会認定専門医の受験資格取得のためには日本眼科医会の会員であること、卒後臨床研修2年修了

後に日本眼科医会の認定研修施設で4年以上眼科臨床を研修することが必要である。

 

このページを印刷する
本文はここまでです