ここから本文です

平成25年度 青森県立中央病院 病院指標

 
*ご覧になりたい項目をクリックしてください。

病院指標
年齢階級別退院患者数 診療科別症例数トップ3 がん患者抽出
成人市中肺炎 脳梗塞のICD10別患者数 診療科別主要手術の術前、術後日数 症例数トップ3
その他

病院指標

当院における主要な症例等の統計データについて、主要な指標をまとめました。
当該データは、DPCデータを基にしています。
DPCデータは、入院について医療資源を最も投入した傷病名、手術等により分類したもので、「診断群分類」とも呼ばれます。

【指標の主な定義】

・ 平成25年度(2013.4.1~2014.3.31)に退院した患者さんが対象です。
・ 集計期間中に退院しなかった患者は集計に含めません。
・ 自動車賠償責任保険や労災保険、自費等は含めません。
・ 科の表示があるものは、医療資源を最も投入した傷病の担当医師が所属する科へ集計しています。
・ 「7.その他」を除き、同一疾患の3日以内の再入院は、最初の入院日から最終的な退院日までを
 入院期間として集計しています。
・ 全国の平均在院日数は、「平成26年度 第5回 診療報酬調査専門組織・DPC評価分科会」にて
 公表されたデータを使用しています。
・ 平均年齢は、最初の入院日時点の年齢を基準としています。



年齢階級別退院患者数

平成25年4月1日から平成26年3月31日までに退院した患者さんについて、10歳刻みで表したものです。
高齢者の占める割合が大きいですが、当院は総合周産期母子医療センターであることもあり、10歳未満の患者数も多くなっています。

 

※年齢は、最初の入院日時点のものを基準としています。

このページのTOPへ

診療科別症例数トップ3

診療科別のDPC分類での症例数のトップ3について、症例数、当院及び全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を集計したものです。
また、患者さん用のクリティカルパス(標準的な診療計画)を作成しているものについて公表しています。
病院全体では、がんの患者さんの割合が増加しています。


*内容を表示

このページのTOPへ

がん患者抽出

がん患者さんのステージ・再発別の症例数を集計したものです。
当院では、がん診療センターを設置し、様々な様態の患者さんの治療を行っています。
近年、病院全体において、がん患者さんの数は増加傾向にあります。

Stage 再発
不明 合計
胃がん 24 11 19 11 18 83 37
大腸がん 26 35 37 22 35 155 67
乳がん 17 19 26 12 17 91 48
肺がん 47 33 45 19 67 211 99
肝がん 15 21 39 22 29 126 18



※大腸がん及び肝がんについては「癌取扱い規約」による病気分類、胃がん、大腸がん及び乳がんについては、UICC第7版による病期分類です。

このページのTOPへ

成人市中肺炎

成人市中肺炎の罹患者のほとんどは高齢者とみられます。
重症度が高いほど平均在院日数が長くなると考えられますが、当院においては件数が少ないこともあり、そのような明らかな関係は見られませんでした。
ただし、年齢と重症度の関係に着目すると、年齢が高くなるほど重症度が高くなる傾向が見られます。

重症度 患者 平均在院日数 平均年齢
0 4 7.5 45.5
1 10 30.8 67.7
2 18 23.2 81.9
3 7 36.7 82.6
4 4 27.8 76.8
5 1 36.0 79.0


【定義】

・ 病院外で日常生活をしていた人に発症した肺炎です。
・ 入院契機病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎
 (DPCコード040080)であるもののうち、ICD-10コードがJ13~J18で始まる患者さんに
  限定しています。
・ インフルエンザ等ウイルス性肺炎、誤嚥性肺炎は除外しています。


このページのTOPへ

脳梗塞のICD10別患者数

脳梗塞関連の患者さんについて、発症日からの日数別に、症例数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計したものです。ほとんどが脳梗塞の患者さんです。

特筆すべき点として転院率が非常に高くなっていますが、これは地域連携パスによる地域医療機関との連携による成果と考えられます。

ICD-10 傷病名 発症日から 症例数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作および関連症候群 3日以内 7 8.4 66.0 0.0%
その他 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0
その他 0
I63$ 脳梗塞 3日以内 171 30.4 74.9 72.5%
その他 12 29/3 68.3 83.3%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄、脳梗塞に至らなっかったもの 3日以内 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄、脳梗塞に至らなっかったもの 3日以内 0
I675 もやもや病(ウイリス動脈輪閉塞症) 3日以内 0
I679 脳血管疾患、詳細不明 3日以内 0
その他 0


【定義】

・ 最も医療資源を投入した傷病名について、ICD10の3桁で集計をしています。

このページのTOPへ

診療科別主要手術の術前、術後日数 症例数トップ3

診療科別の手術件数トップ3と、その術前・術後日数を集計したものです。
病院全体として、悪性腫瘍の手術件数が多い状況にあります。


*内容を表示

【定義】

・ 手術術式の点数表コード(K コード)により集計を行っています。
・ 輸血関連(K920$)は除外しています。
・ 術前日数は入院日から手術日まで(手術日当日は含まない)の日数、術後日数は手術日(手術日
 当日は含まない)から最終的な退院日までとしています。
・ 一連の入院において複数回の手術を実施した場合は、主たる手術のみ計算しています。


このページのTOPへ

その他

臨床上ゼロにはなりえないものの、医療の質の改善に資するため、少しでも改善すべき4症例の症例数と発症率です。
播種性血管内凝固症候群については、入院契機が当該傷病ではない9件のうち、4件が敗血症を契機としています。

DPCコード 傷病名 入院契機 患者数 発症率(%)
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 2 0.02
異なる 9 0.07
180010 敗血症(1才以上) 同一 15 0.12
異なる 14 0.11
180035 その他の真菌症 同一 1 0.01
異なる 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 3 0.02
異なる 2 0.02

【定義】

・ 最も医療資源を投入した傷病名が播種性血管内凝固(DPC 130100)、敗血症(DPC
 180010)、その他の真菌症(180035)、手術・術後の合併症(DPC 180040)について
 患者数をカウントしています。
・ 1入院(3日以内の再入院は同一入院とする)ごとに1カウントとしています。
・ 発症率は、それぞれの患者数÷総患者数×100 により算出しています。

このページのTOPへ

このページを印刷する
本文はここまでです