ここから本文です

臨床遺伝科

臨床遺伝科の新着情報

このページを印刷する

診療スタッフ

部長 北澤 淳一(きたざわ じゅんいち)

【臨床検査部長、医療の質向上統括調整監、中央採血部長、「医療の質」総合管理センター副センター長、輸血・細胞治療部副部長】

卒業年/昭和63年
卒業大学/弘前大学
資格など/日本臨床検査医学会認定臨床検査専門医・臨床検査管理医、日本輸血・細胞治療学会認定医、

評議員、日本血液学会認定血液専門医・指導医、日本小児科学会認定小児科専門医、
日本小児血液・がん学会評議員、日本感染症学会推薦感染制御医師(ICD)、日本医師会認定産業医、学会認定・自己血輸血責任医師、診療情報管理士、日本感染症学会暫定指導医、がん治療認定医機構暫定教育医

得意分野/臨床検査医学、輸血学、血液疾患、小児科全般、感染症、診療情報管理

診療内容

以下について、予約制で診療します
 
①家族(遺伝)性腫瘍に係る遺伝カウンセリング及び遺伝子検査の説明・実施
②診断のために必要な遺伝子検査を実施するための関連機関との連携と実施
③各診療科の診療・臨床研究で実施される遺伝子検査において、実施が求められる遺伝カウンセリング
④遺伝疾患や検査結果に関する相談
⑤臨床検査に関する情報提供
 
現在のスタッフは医師1名、看護師1名で、診療予約は医療連携部が担当します。さらに専門的な高いレベルでの対応が必要な場合には、診療科の医師、岩手医科大学付属病院臨床遺伝科の協力を得ます。

部長から

遺伝的な悩みの受け皿として、またカウンセリングが必要な検査(遺伝子検査)を受けるための説明および結果を得たのちのご本人の対応に関する意思決定のための情報提供を目的として、カウンセリングを実施する外来を平成29年度から開設しました。

本文はここまでです