ここから本文です

神経内科

診療スタッフ

部長 冨山 誠彦(とみやま まさひこ)【脳神経センター副センター長】
卒業年/昭和61年 
卒業大学/弘前大学
資格など/日本神経学会代議員・専門医・指導医、日本パーキンソン病運動障害疾患学会実行委員、
     日本脳卒中学会代議員・評議員・専門医、日本内科学会総合内科専門医・指導医、
     日本神経治療学会評議員、医学博士
得意分野/臨床神経学全般、パーキンソン病薬物療法、神経変性疾患、脳血管障害
脳卒中ケアユニット部長 布村 仁一(ぬのむら じんいち)
卒業年/昭和63年 
卒業大学/弘前大学
資格など/日本内科学会総合内科専門医、日本神経学会代議員・専門医・指導医、
     日本脳卒中学会専門医、医学博士
得意分野/臨床神経学全般、ボツリヌス療法、脳血管障害
副部長 村上 千恵子(むらかみ ちえこ)
卒業年/平成6年 
卒業大学/弘前大学
資格など/日本神経学会代議員・専門医・指導医、日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本臨床神経
     生理学会認定医(脳波、筋電図、神経伝導検査)、日本脳卒中学会専門医、医学博士
得意分野/臨床神経学全般、免疫性神経疾患、ボツリヌス療法、臨床神経生理診断学
     (脳波、筋電図、神経伝導検査)
副部長 新井 陽(あらい あきら)
卒業年/平成11年 
卒業大学/弘前大学
資格など/日本神経学会専門医、日本内科学会総合内科専門医、医学博士
得意分野/臨床神経学全般、パーキンソン病薬物療法、脳血管障害、認知症
副部長 西嶌 春生(にしじま はるお)
卒業年/平成13年 
卒業大学/東京大学
資格など/日本神経学会専門医、日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本脳卒中学会専門医、
     産業医、医学博士
得意分野/臨床神経学全般、脳血管障害、認知症
副部長 上野 達哉(うえの たつや)
卒業年/平成19年 
卒業大学/弘前大学
資格など/日本内科学会総合内科専門医、日本神経学会専門医、
     日本脳卒中学会専門医、医学博士
得意分野/臨床神経学全般、脳血管障害、パーキンソン病薬物療法
副部長 羽賀 理恵(はが りえ)
卒業年/平成19年 
卒業大学/福島県立医科大学
資格など/日本内科学会認定医、日本神経学会専門医、医学博士
得意分野/臨床神経学全般、脳血管障害、パーキンソン病薬物療法
医師 船水 章央(ふなみず ゆきひさ)
卒業年/平成20年 
卒業大学/弘前大学
資格など/日本内科学会認定医
得意分野/臨床神経学全般
医師 今 智矢(こん ともや)
卒業年/平成20年 
卒業大学/弘前大学
資格など/日本内科学会認定医、日本神経学会専門医、医学博士
     ISLSコースデレクター、ICLS認定インストラクター
得意分野/臨床神経学全般
医療顧問 馬場 正之(ばば まさゆき)
卒業年/昭和48年 
卒業大学/弘前大学
資格など/日本神経学会専門医・指導医、日本内科学会認定医・指導医、日本臨床神経生理学会認定医、
     日本糖尿病学会神経障害国際調査委員、糖尿病合併症学会名誉会員、英国王立医学会
     フェロー、アラブ首長国大学臨床神経学客員教授、厚労省臨床研修指導医、医学博士
得意分野/臨床神経学全般、臨床神経生理診断学(脳波、筋電図、神経伝導検査)、神経筋疾患、
     パーキンソン薬物療法

診療内容

パーキンソン病、アルツハイマー病をはじめとする神経変性疾患、脳卒中、てんかん、末梢神経疾患を含む神経疾患全般

得意分野

当科はパーキンソン病や筋萎縮性側索硬化症などの神経変性疾患、多発性硬化症や重症筋無力症などの免疫性神経疾患を含む多数の神経難病、脳炎・髄膜炎・ギランバレー症候群、てんかんなど神経疾患全領域の診断治療に積極的に取り組むほか、脳神経外科との密接な協力のもとに、24時間体制で脳卒中患者を受け入れて、脳卒中ケアユニットを稼働させています。

脳卒中は超急性期と急性期の脳梗塞治療を担当し、病状に応じて回復期リハビリ病院やかかりつけ医で適切な治療を受けられるよう、院内の医療連携部を介して関係医療機関に紹介させていただいております。

通常の外来治療は原則かかりつけ医の先生方にお願いし、特殊な検査や病状変化に際して紹介診療を受け持つ連携診療体制を目指しています。また、特殊外来としてパーキンソン病外来、ボツリヌス治療外来、メモリー外来(ものわすれ外来)を設け、専門的コンサルテーションも行っています。

また、神経筋電気診断部門は当神経内科が特に得意とする分野で、神経伝導検査・筋電図による末梢神経障害や筋疾患の診断を積極的に行っています。手足のしびれや脱力を訴える患者の中には治療可能な疾患が多数含まれておりますので、臨床全科からの電気診断のご頼診を歓迎します。

部長から

神経内科は脳、脊髄、末梢神経、筋などの神経系の病気を総合的に扱う科です。具体的な症状としては、手足の筋力低下・感覚障害、視力・聴覚・言語・歩行の異常やめまい、意識障害、物忘れ、頭痛などです。

当科はパーキンソン病やアルツハイマー病、筋委縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症をはじめとする神経変性疾患、多発性硬化症や重症筋無力症、ギランバレー症候群などの免疫性神経疾患など、多種多様の神経難病を日常的に扱うほか、脳炎・髄膜炎などの神経感染症、てんかん、頭痛、認知症など、すべての神経疾患の診断治療を幅ひろく手がけています。

また、脳神経外科との密接な協力のもとに脳血管疾患の治療・予防にも力を入れ、脳卒中患者には24時間体制で対応しているほか、超音波診断などの血管評価も行います。さらに、糖尿病患者やがん患者、脊椎疾患や外傷を含む全科にまたがった神経系障害・合併症の診断治療も行っています。

特に、専門医の指導の下に全スタッフが筋電図、末梢神経伝導、脳波、大脳誘発電位などの電気生理学的専門検査に精通し、緻密な神経学的検査と神経放射線医によるCT、MRI、RI検査、読影を併せて臨床診断を行っています。

治療に当たっては世界最先端の治療手技を積極的に導入し続けているほか、難病克服のための新薬国際共同開発に数多く取り組むなど、治療最優先の神経疾患診療を行っています。なお、神経難病診療にも力を入れ在宅診療を長年行ってきている他、難病診療ネットワークの青森県の中核病院として、難病診療体制づくりに貢献しています。

10名の常勤スタッフを有する当科は、総合病院の神経内科として日本有数の規模・診療実績を有し、新患数は2,000名、外来患者数はのべ20,000名、入院患者数は約800名です。脳卒中ケアユニットを含め常時40〜50床ほどを使用していますが、ベッド待ちでご迷惑をおかけしておりますことを、お詫び申し上げます。

ただし、救急の場合はできるだけ速やかに対応します。これからも最高の神経疾患医療サービスの提供に努める所存です。

神経内科ホームページ

このページを印刷する
本文はここまでです