ここから本文です

緩和医療科

緩和医療科の新着情報

このページを印刷する

診療スタッフ

部長 棟方 正樹(むなかた まさき)【がん診療センター長、消化器内科部長】
卒業年/昭和63年 
卒業大学/弘前大学
資格など/日本消化器病学会指導医、日本消化器内視鏡学会指導医、日本臨床腫瘍学会

がん薬物療法専門医・指導医、日本がん治療暫定教育医、日本内科学会認定内科医

得意分野/消化器病学、臨床腫瘍学

診療内容

緩和医療とは、様々な病気と診断された時点でその病気が将来にわたって命を脅かすような状態になり得る場合、その患者さん、ご家族に対してなるべく早い時期から、痛みや身体的な問題、心理社会的問題などに対して、的確に評価し、対応することで生活の質を改善するためのアプローチのことです。
 
緩和医療科は、緩和ケアチームの中核となり、診断の早期から介入し、緩和ケア中心となった場合にもサポートするように、シームレスな対応を行っています。つまり、転院や在宅医療などの療養上の相談や生活上の悩みなどにも対応します。患者さんのがんによる痛みのみならず、化学療法、放射線療法などがんの治療に伴う様々な苦しみや悩みなどをできるだけ和らげます。

部長から

緩和ケアとはがんと診断された時から実施され、病気に伴う体に痛みの他、心の痛みも和らげ、患者さんのQOL(生活の質)の維持の向上を目的とし、その人らしく最期まで生活することを支えます。
 
化学療法、放射線療法などのがん治療と併存しながら、病気の初期からの介入が可能であり、それらの治療に伴う副作用の緩和も行います。医師、専門的看護師らがチーム(緩和ケアチーム)を組んで患者さんの抱える困難、家族の抱える困難に対し、チームアプローチで対処します。
 
痛みでできないことや、困っていることがなくなることが、患者さんの痛みの治療のゴールです。さらに転院や自宅療養を希望する患者さんや家族のために、その療養する場所を調整する機能を果たすことも緩和ケアチームの役割です。
 
緩和医療科は緩和ケアセンター開設以来、診療スタッフが定着していないことが問題であります。今後は診療スタッフを定着させ、当院を利用する患者さんや家族に対して、診断時からより迅速かつ適切な緩和ケアを切れ目なく提供したいと考えています。

本文はここまでです