ここから本文です

医療管理監

医療管理監
地域医療情報担当 健康政策担当

医療管理監

緩和ケアセンター長  高橋 賢一 部長 髙橋 賢一(たかはし けんいち) 地域医療情報担当
【緩和ケアセンター長、外科部長】
卒業年/昭和57年 
卒業大学/弘前大学
資格など/日本外科学会専門医、日本消化器外科学会認定医、日本乳癌学会
     認定医、日本がん治療認定医、機構がん治療認定医、日本感染症
     学会インフェクションコントロールドクター、マンモグラフィー
     読影医
得意分野/消化器外科

 

医療管理監 小野正人小野 正人(おの まさと)  健康政策担当
【臨床工学部長、健康推進室長】
卒業年/昭和53年 卒業大学/京都府立医科大学
資格など/
得意分野/生活習慣病、 食事運動療法の実践とカウンセリング、
     県域への健康増進事業の伝播・組織育成、寝たきり予防、
     脱短命県への具体的事業の実践

 

健康政策担当から

2009年、県全域に各市町村行政と県病+αの医療チームが連携した健康増進事業(寝たきり予防、メディコトリム 以後メディコ事業と略す)を立ち上げました。
 
2015年度末までに、40のうちの16市町村に同事業を立ち上げる事ができました。15年度は自治体のほか、企業、公共機関を標的として事業を進め、他の方向から、より若年層への意識変容を目指してきました。
 
15年度は県警本部、青森 弘前、八戸の各警察、教育庁、2度目のみちのく銀行、また県内最遠の佐井村からのそれぞれのオファーに応え介入を行いました。現在出ている中間報告ではメタボリック症候群に有効とされる減量の目安でいえば、みちのく銀行、教育庁の参加者の過半数が有意な減量に成功しております。
 
各警察の成績は今秋以後発表されます。たのしみですな。県庁へのメディコでない軽い介入も4年行ってきました。たった2時間弱ぽっきりの運動と、講義での指導だけです。それでも参加者の40%前後に有意な減量効果が認められています。
 
メディコの今後の方向性
 
県の平均寿命は男性が全国ワースト1になってから40年以上、女性は15年以上が経過しています。
 
他県との比較では例によってトラック競技に例えて言うと、現在周回遅れの断トツの一位です。健康関連の各種調査によると青森県の児童生徒における最近の肥満出現率は男女とも小学1年から高校3年にいたるまで、ほぼ全国でもトップクラスで、成人も男女とも同様であります。
 
つまり青森は子供から大人まであらゆる年代で肥満県であります。また各種調査での健康関連の項目のランキングを見てみると常習飲酒率、喫煙率(男)などは言うまでもなく、食塩消費量、カップ麺の消費量、清涼飲料水の消費量などが残念ながら1位です。その反対に野菜摂取量、特に緑黄色野菜、歩行数などはかなり下位にランクされています。
 
そもそも生活習慣はある日突然身につけるわけではなく、幼少時から家庭や学校での生活を通じてしみ込んでしまうものであります。その結果として、青森の平均寿命の短さがあるわけです。明らかに生活習慣の負の連鎖が起こっていると言わなければなりません。最短命県からの脱出には若い両親とその子供の間で負の連鎖を断ち切るほかに方法がないことぐらいは、賢明な皆さんはご理解できるかと思います。
 
このことから本年度は、昨年度の教育庁へのメディコ介入を契機として、小中高学校教師、生徒、PTAへの介入を予定しております。ただ今、介入希望校を募っております。
 
今のところ6月の五所川原農林高校だけが決まっておりますが。教育関係畑はこれからの重点目標にするつもりです。スローガンとしての脱短命はだいぶ根付きました。しかし、どこかリアリティーが薄いな~と感じませんか?声高に言われるようになった脱短命という言葉に多少なりともリアリティーを付与するためには、学童、生徒とその親への働きかけが絶対の本道と考えております。
 
脱短命の具体的対策の実施が必要だと思われる方は、このようなアプローチに強力な御協力を本年度もよろしくお願いいたします。

このページのTOPへ

 

このページを印刷する
本文はここまでです