ここから本文です

腫瘍放射線科

腫瘍放射線科の新着情報

このページを印刷する

診療スタッフ

部長 横内 順一(よこうち じゅんいち)
卒業年/昭和62年 
卒業大学/東京医科大学
資格など/日本医学放射線学会治療専門医、日本がん治療医認定医機構がん治療認定医・
     暫定教育医、日本医学放射線学会研修指導者、日本核医学会PET核医学認定医、
     日本医師会認定産業医、昭和大学病院放射線治療科兼任講師
得意分野/放射線治療
非常勤医師 秋本 裕義(あきもと ひろよし)
卒業年/平成20年 
卒業大学/日本医科大学
資格など/日本医学放射線学会放射線科専門医、弘前大学放射線科医員
得意分野/放射線治療

診療内容

  • 放射線治療
    3次元放射線治療、化学放射線治療、強度変調放射線治療(IMRT)、画像誘導放射線治療(IGRT)、定位放射線治療(SRT、SRS)、体幹部定位放射線治療(SBRT)、全身照射(TBI)、小線源治療(RALS)
  •  

  • 放射線同位元素内用療法
    骨転移を有する去勢抵抗性前立腺癌に対する塩化ラジウム223治療、B細胞非ホジキンリンパ腫に対するイットリウム90標識抗CD20抗体治療、有痛性骨転移に対する塩化ストロンチウム89治療

 

腫瘍放射線科受診について

  1. 初診
    院内の各科、院外の医療機関からの紹介状が必要です。
    放射線治療の適応があるかどうか判断し、適応がある場合は各患者さんの状況に合わせて治療の目的、スケジュール、副作用などを説明、相談し、同意を得ます。
  2.  

  3. 放射性治療計画
    大多数の放射線治療を受けられる患者さんは位置決め、計算用のCT撮影を行ないます。すでに診断目的のCT検査を撮影された方にも必要です。その際に体にインクで印をつけたり、体の型取りを行なったりします。
  4.  

  5. 放射線治療
    放射線治療は必ずしも入院する必要はありません。外来で治療をされている方もたくさんおります。
    一部の放射線同位元素内用療法は保険診療上、外来患者さんのみが対象となるものもあります。
本文はここまでです