ここから本文です

腫瘍放射線科

腫瘍放射線科の新着情報

このページを印刷する

診療スタッフ

部長 横内 順一(よこうち じゅんいち)
卒業年/昭和62年 
卒業大学/東京医科大学
資格など/日本医学放射線学会治療専門医、日本がん治療医認定医機構がん治療認定医・
     暫定教育医、日本医学放射線学会研修指導者、日本核医学会PET核医学認定医、
     日本医師会認定産業医、昭和大学病院放射線治療科兼任講師
得意分野/放射線治療
非常勤医師 秋本 裕義(あきもと ひろよし)
卒業年/平成20年 
卒業大学/日本医科大学
資格など/日本医学放射線学会放射線科専門医、弘前大学放射線科医員
得意分野/放射線治療

診療内容

  • Linacによる外照射(X線、電子線)、定位脳照射、全身照射、IMRT、体幹部定位照射
  • 192 Irによる腔内照射
  • アイソトープ治療(悪性リンパ腫、転移性骨腫瘍 等)

放射線治療について
主に癌など悪性腫瘍の患者さんを対象に治療を行っています。
当院の特徴としては青森市内では唯一、2台のライナック(放射線治療機器)と小線源治療装置を保有し、治療を行っています。また、痛みを伴う転移性骨腫瘍、悪性リンパ腫の患者さんに対する放射性医薬品による治療も行っており、今年の夏からはホルモン治療に抵抗性となった前立腺癌に対する放射性医薬品による治療も開始予定です。

 
腫瘍放射線科受診について

  1. 初診
    腫瘍放射線科は院内各科はもとより、他の病院医院と連携して診療を行っています。腫瘍放射線科初診には医師からの診療情報提供書が必要です。
    初診時に診察し、放射線治療の適応があると判断した場合、その目的、準備の内容と治療回数、予想される副作用について説明し、同意が得られれば署名してもらい、スケジュールを立てていきます。
  2. 放射性治療計画
    放射性医薬品を投与する一部の治療を除いて、大多数の体の外から放射線を照射する治療の場合は、位置決めして計算をするためのCTを撮影します。造影剤の注射はしません。体表面にインクで印を描いたり、お面を作ったり、体の型取りをしたりします。
  3. 放射線治療
    放射線治療は外来で行うことも入院して行うこともあります。放射線と同時に予定する薬(抗がん剤など)、治療回数、交通手段、家庭や介護環境など総合的に判断しています。

得意分野

  • 高精度3次元放射線治療
  • 化学放射線療法
  • 強度変調放射線治療(IMRT)
本文はここまでです