ここから本文です

放射線部

放射線部の新着情報

このページを印刷する

診療スタッフ

部長 渋谷 剛一(しぶたに こういち)
卒業年/昭和63年  
卒業大学/弘前大学
資格など/日本医学放射線学会放射線診断専門医、日本インターベンショナルラジオロジー学会
     (日本IVR学会)専門医、日本核医学会PET核医学認定医、日本乳がん検診精度管理
     中央機構・検診マンモグラフィー読影認定医、日本医学放射線学会研修指導者
得意分野/放射線診断学、CT、MRI、核医学、血管撮影・インターベンショナルラジオロジー
医師 角田 晃久(かくた あきひさ)
卒業年/平成20年 
卒業大学/弘前大学
資格など/日本医学放射線学会専門医
得意分野/放射線診断学、CT、MRI、核医学、血管撮影・インターベンショナルラジオロジー 
医師 岩村 暢寿(いわむら まさとし)
卒業年/平成20年 
卒業大学/自治医科大学
資格など/日本医師会認定産業医
得意分野/放射線診断学、CT、MRI、血管撮影、インターベンショナルラジオロジー
     神経血管内治療、死後画像診断

診療内容

  • 放射線診断(CT、MRI、核医学)
  • インターベンショナル・ラジオロジー(IVR)

得意分野

  • CT、MRI、核医学検査について平日夜間、休日の臨時、緊急を含むすべてを読影し、報告書(診断レポート)作成を行っております。
  • インターベンショナル・ラジオロジー(IVR)は、肝細胞癌、転移性肝癌に対する肝動脈化学塞栓術(TACE)、bland TAE、肝動注化学療法、リザーバー留置や、頭頸部癌に対する動注化学療法、婦人科、泌尿器系悪性腫瘍に対する骨盤動注化学療法および塞栓術、胃静脈瘤に対するBRTO(バルーン閉塞下逆行性経静脈性塞栓術)、術前門脈塞栓術(PTPE)、外傷や術後出血に対する緊急塞栓術、ステントグラフト留置術前内腸骨動脈塞栓術、さらにエンドリーク塞栓術など、幅広く対応しております。

部長から

当院は日本医学放射線学会放射線専門医修練機関、日本IVR学会IVR専門医修練機関に認定されており、常勤医師2名、非常勤医師2名(弘前大学から月~木各1名、のべ4名、大間病院から1名)にて診療を行っております。

診断撮影装置は、CT3台、MRI3台、フラットパネル搭載バイプレーン血管撮影装置1台、核医学診断装置1台で、28年度にはPET/CT稼働予定です。

外来受診日は都合により原則として月、木の2日とさせていただいておりますが、状況に応じて可能な限り対応を検討致します。

ご連絡の程お願い致します。

本文はここまでです