ここから本文です

栄養管理部

青森県立中央病院 栄養管理部では、救急性・専門性の高い県立唯一の総合病院として、さまざまな疾患に対しての栄養療法による支持療法をおこなっております。

主に食事療法の提供を業務としておりますが平成21年度からは、総合的な栄養療法の推進のためにも栄養サポートチームを組織し、運営を行っております。

食事(病院給食)は楽しみでもあり、治療の一環でもあります。二律背反の難しいところではありますが、少しでも患者さんのプラスとなるように取り組んでおります。

病院給食(食事)の紹介

当院では、1回 約500食、1日 約1500食の食事を調理しております。

食事の種類

◆ 常食、軟菜食、小児食
◆ 成分コントロール特別食

  • エネルギーコントロール食     ( 糖尿病、肝臓病など )
  • エネルギー食塩コントロール食   ( 循環器系疾患など )
  • エネルギータンパクコントロール食 ( 腎臓病など )
  • 脂質コントロール食        ( 膵臓病など )
  • 易消化食             ( 消化管疾患、消化管術後など )

◆ その他の特別食

  • 嚥下食              ( 飲みこみに障害のある方 )
  • ハートフル食           ( 治療中で食欲不振の患者さんのための食事 )

 
※ 院内食事箋規約一部抜粋
※ 1ヶ月ごとの献立となっておりますので、長期入院の場合、何度か同じ献立になる場合があります

献立例

常食 ハートフル食
常食 ハートフル食 ハートフル食
・ごはん
・松風焼きと磯部揚げ盛り合わせ
・もずく酢
・春菊の和え物
・豆腐の味噌汁
・焼うどん
・ポーチドエッグサラダ
・長芋のしそ風味漬け
・甘夏のシロップ煮
・ちらし寿司
・鮭の味噌マヨ焼き
・冬瓜のそぼろ煮
・しじみの味噌汁
・リンゴ


調理のようす


サテライトキッチン

血液内科の入院患者さんを対象に月1回行っている取り組みです。
血液内科の患者さんは治療上の制限や入院が長期化することで食事に対する意欲が低下していきます。

病棟に伺い、直接調理段階から視覚的・雰囲気を楽しんでいただき、普段の給食では食べることのできない食材を主に提供して意欲の改善につながるように取り組んでおります。

サテライトキッチン

栄養管理について

栄養状態が悪ければ、必要な治療が困難になってしまったり、通常より治療が長引いてしまう場合があります。栄養管理部では入院の患者さんの栄養状態を把握するため、栄養管理実施計画を立案し、患者さんにあった栄養の提供に努めております。

食事療法での栄養状態の改善が難しい例では、栄養サポートチーム介入によって静脈栄養、経管栄養、経口栄養と総合的な管理により改善を目指します。

臨床栄養スタッフ

  • 管理栄養士            5名
  • 管理栄養士(臨時非常勤)     2名
  • 管理栄養士(メディコトリム担当) 1名

✔「放射線療法の治療で、口の粘膜が痛くて食事ができない」
✔「体力が落ちてきたのが気になる、栄養をよくしたい」
✔「サプリメントを飲んでもいいの?」
✔「○○○の治療をする時には、どんな内容の食事をとればいいのか知りたい」


こんな時には、ぜひ栄養士さんに相談したいと病棟スタッフにお声がけください。
ご相談に伺い、食事の固さ、量、栄養成分などを調整させていただきます。
※ 好き嫌い、個人的な味の好み、偏食については対応しておりませんのでご理解ください。

栄養・食事指導

治療のために入院・外来患者さんの栄養・食事指導を実施しています。
「退院後の食事が心配」といった方は、主治医または看護師さんに「栄養・食事指導を受けてみたい」とお申し出ください。

栄養食事相談室

※ 栄養食事相談室は1階売店横にあります。予約制となっております。

集団栄養・食事指導

入院患者さん対象

  • 糖尿病教室         ( 毎週 月・火曜日 )
  • 心臓病教室         ( 毎週 水曜日 )

外来患者さん対象

  • 母親教室          ( 月に1回 :産婦人科外来でご案内 )
  • 夜間糖尿病教室       ( 年に4回 :内分泌内科外来でご案内 )
  • 肝臓病教室         ( 年に3回 :消化器内科外来でご案内 )
  • メディコトリム
  • 外来治療センター食事相談  ( 不定期、外来治療センターでご案内 )


NST(栄養サポートチーム)

平成20年4月から始動しました。栄養は様々な分野が関係してくることで、それぞれの専門性を生かしてチーム医療を行っております。

活動を初めてから当院の入院患者さんの約4割の方がなんらかの栄養障害またはリスクを持っていることがわかりました。栄養学もどんどんと発展しておりますので、今後、疾患治療にさらなる寄与ができるよう活動をしていきます。

<<チームメンバー>>NST(栄養サポートチーム)

  • 医師
  • 歯科医師
  • 看護師
  • 薬剤師
  • 臨床検査技師
  • 管理栄養士
  • 言語聴覚士
  • 歯科衛生士
このページを印刷する
本文はここまでです