ここから本文です

臨床検査部ホームページ

一般検査部門

臨床検査部ホームページメニュー

アイコンをクリックすると、それぞれのページへリンクします。


  1. 一般

  2. 血液

  3. 輸血

  4. 生化学

  5. 細菌

  6. 生理

  7. 基準値一覧

  8. ホームへ

一般検査とは

尿、便、体腔液(髄液、胸水、腹水など)、精液の検体について検査を行なっています。
診断のために基礎的な情報を短時間で得ることが可能です。

尿検査

尿定性検査と尿沈渣検査があり、主に腎および尿路系疾患(腎疾患、糖尿病、尿路感染症など)の診断に役立ちます。

尿検査時の注意点・尿の正しい採り方

※ 尿道口の分泌物や雑菌を防ぐため、できるだけ中間の尿(出始めの尿と出終わりの尿は採らない)を

コップに採取してください。

※ 尿が少ない場合や、女性の方で生理中の方はスタッフに声がけをお願いします。
※ 尿が少ないときは、お水を飲んでしばらくしてから採ってみましょう。
※ 尿検査のある日は、ビタミンC(サプリメント、果物、ジュース、お茶)の摂取は控えましょう。

検査試薬に影響があり、正しい結果が得られません。

 

尿定性検査


尿中に含まれる糖、蛋白質など13項目を自動分析装置で検査します。
※ 糖   (+) :糖尿病、腎障害で出現
※ 蛋白  (+) :腎臓、尿路の障害で出現(腎疾患、尿路感染症など)
※ 潜血  (+) :出血(腎炎、尿路炎症、結石、腫瘍など)
※ 白血球 (+) :腎臓、尿路、膀胱の炎症(膀胱炎、腎盂腎炎など)
※ ビリルビン(+) :肝臓や胆嚢の病気(閉塞性黄疸、溶血性疾患など)

尿沈渣(尿中有形成分)検査

尿中に含まれる有形成分(赤血球、白血球、細菌、上皮細胞、円柱など)を自動分析装置で検査します。
有形成分をより詳しく調べる必要のある場合は、顕微鏡で観察します。
 

 

 

便潜血

便に血液が混じっていないかみる検査で、消化管の出血の有無がわかります。胃潰瘍、胃癌、小腸腫瘍、潰瘍性大腸炎、大腸癌、痔瘻などで陽性になります。
 

髄液検査

腰椎または脳脊髄から髄液を採取し、色、細胞数、糖、蛋白などを検査します。髄膜炎、脳炎、くも膜下出血、多発性硬化症などの診断や治療経過に有用な検査です。

このページを印刷する
本文はここまでです