ここから本文です

後期臨床研修医【シニアレジデント】

後期臨床研修医【シニアレジデント】の新着情報

このページを印刷する

研修コース

各診療科等で1年単位ごとに作成した研修プログラムに基づいて研修を行います。本人の希望により、関連施設の組み合わせを含め、ストレート研修(3年間同一の診療科)、ローテート研修(複数診療科の組み合わせ)のいずれも選択が可能です。

なお、各コース3年次には、選考のうえ海外派遣研修を実施します。

(1)専門医コース

学会専門医・認定医(認定内科医、総合診療医を含む)を目標に、各診療科のプログラムに従って、専門医等取得の基礎や必要症例数経験に向けて研修します。

大学病院などの高度医療機関、自治体病院における地域医療研修なども組み込むことができます。
 

1年次 ・当院専門診療科
    【注】

  1. 2年次の高度医療研修(国内留学等)は希望により選択可能。(受入側との協議により調整。)
  2. 原則として3年次の地域医療研修(県内自治体病院等)の研修先病院などの選択は、本人の希望を踏まえ当該科部長と相談し、研修管理委員会で協議のうえ、病院長が決定する。その期間は原則6か月とし、残りの期間は当院の専門診療科で研修を行う。
  3. 専門医取得のための4年次・5年次の研修についても、本人の希望を尊重し、支援する。
2年次 ・当院専門診療科
・高度医療研修
《国内留学等》
3年次 ・当院専門診療科
・地域医療研修
《県内自治体病院等》

(2)大学院コース(社会人入学)

専門医の研修をしながら、あわせて高度な研究にも従事したい場合には、大学院社会人入学も認めます。
(大学院4年間のうち、3年間は当院の職員としての身分を有します。大学院の履修年次については大学院側と調整します。)
 

1年次・・・2年次・・・3年次 4年次
当院専門診療科・大学院 大学院

具体的な研修内容

内科(※) 総合診療部 メンタルヘルス科
外科 整形外科 脳神経外科
心臓血管外科 呼吸器外科 産婦人科
皮膚科 泌尿器科 眼科
麻酔科 放射線部 腫瘍放射線科
救命救急センター(救急部) リハビリテーション科 臨床検査・輸血部(輸血部門)
臨床検査・輸血部
(臨床検査部門)
総合周産期センター母体・胎児集中管理部(MFICU) 総合周産期母子医療センター新生児科(NICU)

(※)内分泌内科、循環器科、消化器内科、リウマチ膠原病内科、血液内科、呼吸器内科、神経内科
 

専門医研修施設の指定状況

日本内科学会認定医制度教育病院 日本外科学会外科専門医制度修練施設
日本乳癌学会関連施設 日本大腸肛門病学会認定施設
日本消化器病学会専門医制度認定施設 日本消化器外科学会専門医制度指定修練施設
日本肝胆膵外科学会高度機能専門医修練施設(B) 日本消化器内視鏡学会専門医制度指導施設
日本血液学会専門医制度研修施設 日本呼吸器学会専門医制度認定施設
呼吸器外科専門医合同委員会認定修練施設
(関連施設)
日本呼吸器内視鏡学会関連認定施設
日本耳鼻咽喉科学会認定専門医研修施設 日本泌尿器科学会専門医制度教育施設
(基幹教育施設)
日本口腔外科学会専門医制度研修施設 日本放射線腫瘍学会認定施設
日本臨床腫瘍学会専門医制度認定研修施設 日本ペインクリニック学会ペインクリニック専門医制度研修施設
日本がん治療認定医機構認定研修施設 日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
日本心血管インターベンション治療学会研修施設 日本高血圧学会専門医認定施設
3学会構成日本心臓血管外科専門医基幹施設 胸部および腹部大動脈ステント実施施設
下腹静静脈瘤レーザー治療実施施設 日本神経学会専門医制度教育研修施設
日本脳神経外科学会専門医訓練施設 日本脳卒中学会認定研修教育病院
日本内分泌学会認定教育施設 日本糖尿病学会専門医制度認定教育施設
日本透析医学会教育関連施設 日本皮膚科学会皮膚科専門医制度研修施設
日本眼科学会専門医制度研修施設 日本産科婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設
心臓血管外科専門医認定機構認定修練施設
(基幹施設)
日本周産期・新生児医学会 周産期専門医制度新生児研修施設(基幹施設)
本文はここまでです