初期研修医(初期研修2年目)三浦栞からのメッセージ

写真:三浦栞

患者さんを相手にするので、
責任感を伴いますが充実しています。

初期研修医(初期研修2年目) 三浦栞

青森市出身。弘前大学卒業後、初期研修医2年目として日々を過している。
問:研修先として県病を選んだ理由を教えてください。
三浦 私は県病で生まれました。自分の生まれた病院で医師人生を始めてみたいと思ったのがきっかけでした。実際に研修内容を調べてみると、診療科が多く専門性が高いことや、common diseaseの初期診療から大きな手術まで経験できるため県病での研修を希望しました。
問:実際、県病で研修をしてみた感想はどうでしょう。
三浦 日々慣れないことばかりで大変ですが、責任を感じながら充実した毎日を過しています。研修2年目からは救急救命センターの当直で1年目研修医の指導もする時期にもなり、緊張もしますが一方でやりがいも感じています。
問:研修施設としての環境はいかがですか。
三浦 研修医室が独立しているので情報交換も活発です。また、私は県病の寮に住んでいますが、リフォームされた綺麗な部屋で生活環境としても恵まれていると思います。
問:現時点で専門にしようと考えている診療科は。
三浦 将来は耳鼻科に進みたいと思っています。興味を持ったのは大学5年生の大学での実習の時です。耳鼻科はサブスペシャリティが多く、細分化された専門分野まではまだ決めていませんが、外来手技からがんの手術まで様々な治療ができるように県病にいるうちから勉強したいと思います。
問:医師として心がけていきたいことを教えてください。
三浦 患者さんにとって医師という存在は大変な影響を持つものであり、いかに信頼関係を築けるかが診療にも関わってくると思います。忙しくてもしっかりと患者さんと向き合えるような医師になりたいです。

後期研修医(後期研修1年目)大澤瑛からのメッセージ

写真:山内翔平

上級医が研修医向けに勉強会を開いて
くださるので、大変勉強になります。

後期研修医(後期研修1年目) 大澤瑛

蓬田村出身。当院での初期研修を経て、後期研修医1年目。
問:研修先として県病を選んだ理由を教えてください。
大澤 父が地域医療に従事しており、将来的には父のように地域医療に携わりたいと考えています。そこで、将来を見据えて経験を積むためにも症例数や診療科の多い県病を選びました。
問:県病での初期研修はいかがでしたか?
大澤 特に救急救命センターの当直がすごく勉強になりました。指導医の先生がどのように対応しているのか見るだけでなく、当直翌朝のカンファレンスではその場ですぐにフィードバックができるのが何より勉強になりました。
問:指導医の先生はどうですか。
大澤 みなさん熱心に教えてくださいます。普段の診療時はもちろんですが、2週間に1回は必ず各科の上級医が研修医向けに勉強会を開いてくださるので、大変勉強になります。
問:今後目指していく方向について教えてください。
大澤 まずは家庭医療専門医の取得を目指しています。家庭医ではよく「患者さんの病気ではなく患者さん自身を診る」ということが言われていますが、総合診療部の外来では患者さん本人やご家族の生活背景の幅が本当に広いということを実感しました。まだまだ知識不足なので、医者としての知識をつけていくことはもちろんですが、患者さんに寄り添っていけるよう経験も積んでいかなければいけないと思っています。
県病を目指している学生へのメッセージがあれば。
大澤 県病は診療科が多いので、最初に将来進みたい診療科が決まっていなくても、研修で様々な診療科を回りながら進む道を決めていくことができます。また、研修医も多いので、研修医同士で情報交換や勉強を行い、切磋琢磨していけるのが魅力だと思います。

救命救急センター 看護師 武田隆宏からのメッセージ

写真:武田隆宏

各分野の知識や技術がないと
対応が難しいので教育面は万全です。

救命救急センター 看護師 武田隆宏

救命救急センターにて多種多様な救急患者の救命にあたる。
問:当院に就職した理由は何ですか。
武田 以前から救急医療に興味があり、県病では1次から3次救急と幅広く対応している総合病院なので、様々な看護が経験でき、専門性も身につけることができると思ったからです。
問:現在はどのような業務を行っているのでしょうか。
武田 救急外来業務やドクターヘリのフライトナース業務をしています。どちらにおいても重症症例だと迅速な処置が必要ですし、同じ症例は一つとしてないので、常に緊張感をもって病態をアセスメントしながら対応しています。
問:救命というと常に緊迫した場所というイメージですが、やはり病棟とは業務内容が違うものでしょうか。
武田 様々な病態の患者さんがウォークインや救急搬送による受診をされるので、幅広い知識や技術が要求されます。患者さんの状態が切迫していると、考えている暇はありません。予測した行動やスピード、正確性も必要となる現場だと思います。
重症の対応時は、緊張感を持って全力で救命にあたっているため、かなり緊迫していますが、普段は和やかな雰囲気ですよ。各分野の知識や技術がないと対応が難しいので教育面はしっかりしています。解らないことは先輩看護師がやさしく丁寧に指導してくれるので、働きやすいと感じています。
問:救命の現場で困難を感じることや、良かったことがあれば教えてください。
武田 当院の救命救急センターでは、外傷症例に対して初療室で緊急開胸・開腹手術を行うことがあります。手術室勤務の経験を手術看護体制の整備や経験の無いスタッフへの教育に活かすことができ、また、最近では患者救命に経皮的心肺補助装置を導入することもあり、やりがいを感じています。
反面、未経験の症例で予測した行動がとれない時や、患者さんの危機的状況を受け入れられない家族への対応に難しさを感じることもありますが、迅速で的確な処置や治療で効果が得られたり、緊迫した状況で患者さんが一命をとりとめたりした時は、かなり達成感があります。
問:今後、目標としていることはありますか。
武田 ドクターヘリでは現場での情報が混乱している事が多く、医師と看護師の2名と限られた人数で、短時間で的確な処置、治療、家族対応を行う事が求められます。その対応次第で患者さんの今後の治療効果が左右されるので、かなりの責任や難しさを感じていますが、一人でも多くの患者さんを救えるように、今後も専門的な知識や技術を磨いていきたいと思っています。

神経内科 副部長 羽賀理恵からのメッセージ

写真:羽賀理恵

院内に保育所があることも
働きやすい環境だと思います。

神経内科 副部長 羽賀理恵

大鰐町出身。
2人のお子さんの育児をしながら勤務。

問:神経内科での仕事について教えてください。
羽賀 脳血管障害をはじめとした急性期疾患から、認知症やパーキンソン病などの神経難病といった慢性期疾患まで、まんべんなく脳、脊髄、末梢神経、筋の神経系疾患を診療しています。また、筋萎縮性側索硬化症など在宅療養を行っている患者さんの訪問診療も行っています。
問:育休後の復帰に不安はありましたか。
羽賀 特に第2子の復帰の際はありました。ただ、今は育児短時間勤務制度を利用し1日2時間勤務を短縮しており、この制度のおかげでとても助かっています。また、院内保育所があるのもありがたいです。
問:院内保育所の利用について教えてください。
羽賀 通勤で一緒に通えるのが便利であるだけでなく、看護師さんが配置されているので、子供が熱を出したときや、病後児保育も安心してお願いできるので助かっています。その他にも、急患で帰宅が遅くなる場合など、急な夕食の対応をしていただけることもありがたいです。
問:育児と仕事の両立は大変ではありませんか。
羽賀 思うように仕事ができず周りに迷惑をかけていないかという気持ちと、子供の面倒はしっかりとみたいという思いの葛藤はあります。でも、今は両立を続けることが一番大事と考えています。このような勤務体系で働けるのも、神経内科のスタッフが支えてくれているからなので、感謝の気持ちを忘れずに働いています。
問:これから目指していきたいことをお聞かせください。
羽賀 育休からの復帰後は不安なまま仕事をしていましたが、子供を持つ先輩がいろいろと相談に乗ってくださり助けてくれました。もし今後、後輩が同じような状況になったら、今度は私が力になれたらよいと思っています。

新生児科 副部長 川村直人からのメッセージ

写真:川村直人

総合周産期母子医療センターとして、県内で
生まれた赤ちゃんたちの診療を担っています。

新生児科 副部長 川村直人

青森市出身。
家では2人のお子さんのお父さん。

問:当院で勤務することになったきっかけを教えてください。
川村 学生時代に県病の小児科やNICUを見学したのがきっかけです。実際に県病で働いているスタッフの姿や診療を見て県病で働くことを決めました。
問:当院の新生児科についてご説明いただけますか。
川村 総合周産期母子医療センターとして、県内で生まれた赤ちゃんたちの診療を担っています。特に超低出生体重児は県内出生のほとんどを扱い、診療成績も全国トップクラスを誇ります。
それを支えるのが積極的な国内留学です。私も平成25年から2年間、神奈川県立こども医療センターに留学しました。全国から集まってくる同期の留学生たちから刺激を受け、青森に戻ってからもつながりを続けています。
問:新生児科での仕事は大変ではありませんか。
川村 当直は月6回くらいですが、「家族を大切に」がモットーの科なので、自分たちの家族も大切にできる環境作りをしています。スタッフのほとんどが家庭持ちで、何かイベントがある場合には、スタッフが協力し合って休みを取れるようにしています。
問:この仕事をしていて良かったと思うエピソードがあれば教えてください。
川村 赤ちゃんが退院の時に、ご家族が笑顔でありがとうございましたと言ってくださったときですね。退院してからの長い人生をこの赤ちゃんがどう過していくのだろう、と考えながら治療することも楽しいと感じています。一方で、病状などで辛いこともありますが、ご家族と一緒に受け止めながらそれをどう乗り越えていくか考えていくことにもやりがいを感じています。
問:県病を目指している学生や医師へ何かアドバイスがあれば。
川村 NICUは「大変そう」と思われがちですが、実際には未来につながるとてもやりがいのある職場です。まずは「百聞は一見にしかず」、ぜひお気軽に見学に来てください!

8階東病棟(心臓血管外科)看護師 三上真梨子からのメッセージ

写真:三上真梨子

子育てしながら
看護のスキルを高めていける職場です。

8階東病棟(心臓血管外科)看護師 三上真梨子

平成23年から当院勤務。
育児休暇後、現在8階東病棟で勤務。

問:8階東病棟では、どのような患者さんを担当していらっしゃいますか。
三上(真) 8東は循環器科と心臓血管外科の病棟で、心臓、冠動脈、大血管疾患のある患者さんを担当しています。私は心臓血管外科で、開胸術や大動脈解離、大動脈瘤など主に手術適応の患者さんを担当しています。
問:看護師をしていて、気をつけていることはなんですか。
三上(真) 患者さんとのコミュニケーションを大切にしています。病気に対する不安の緩和や、緊急入院も多いので症状の早期発見につながると考えているからです。また、患者さんだけではなく家族ともコミュニケーションをとるようにし情報収集しています。
問:子育てと仕事の両立は周りの理解が必要だと思いますが。
三上(真) 4歳になる子供がいますが、周りのスタッフの協力のおかげで両立できています。子供が熱を出した時など、スタッフの方々がとても理解があり、いい環境で仕事ができています。また、子供も院内保育に預けており、休日保育や病児保育も利用でき、仕事に集中できる環境です。
問:看護師でも子育て中の仲間がたくさんいると思いますが、仕事との両立について情報交換とかされますか。
三上(真) 先輩看護師や同期の看護師と効果的な両立方法について悩みなどを相談し、いろいろと情報交換しています。休日にはママ友会でリフレッシュするようにしています。
問:子育てをしながら仕事をしている方へのメッセージをお願いします。
三上(真) 仕事で疲れた時こそ子供の笑顔に癒され頑張れます。子育てをしながら看護のスキルを高めていける環境です。一緒に頑張りましょう。

薬剤部 治験管理室主査 小田桐正典からのメッセージ

写真:小田桐正典

県病には
やりたいことを経験させてくれる
風土がある。

中央診療部門
薬剤部 治験管理室主査
小田桐正典

大学院卒業後、平成19年より当院勤務。
午前中は薬剤部で調剤、午後は治験管理室に勤務し、
忙しい日々を送っている。

問:治験管理室は新しい仕事ですね。
小田桐 治験は新薬を作って新しい治療法を広めていくことが目的なので、院内というよりも国内の医療水準を上げる仕事だと思います。治験管理室は、製薬メーカーや医師、患者さんの窓口であり、調整役でもあります。
問:現在の業務は希望されたのですか。
小田桐 薬剤師は県行政の薬剤師と一緒に採用されるので、行政の仕事を希望する人もいますが、私は病院を希望しました。また、薬の開発について興味があり、病院でもそういう仕事ができると知って治験業務を希望しました。
問:仕事はいかがですか。
小田桐 薬剤部では、主に内服薬調剤をしています。毎日、外来や入院の患者さんのお薬を作っているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。このほか、抗がん剤のミキシングや病棟での服薬説明、持参薬の照会などチーム医療の一員としての薬剤師の仕事も増えています。治験では、事務局担当として治験審査委員会の運営や治験薬管理、メーカー対応など行っております。自分が関与した治験で、新薬として承認を取得したものが出てきて、大変な仕事ですが、とてもやりがいを感じています。
問:働いて気がついたことはありますか。
小田桐 学生時代の友人と話している時に、県病はやりたいことをどんどん経験させてくれる風土があると気づきました。採用1年目から治験の仕事をしている人は全国的にも珍しいです。薬剤部ではがん薬物療法認定薬剤師や緩和薬物療法認定薬剤師、NST専門療法士などの資格所得や研修参加にも積極的です。また、間違いがあった場合でも叱るのではなく、原因をきちんと調べてしっかりと対策を立てようという姿勢が徹底しているので、若い人でも力を発揮できると思います。
問:趣味は。
小田桐 週1回程、社会人のバドミントンサークルに参加しています。体を動かすとスッキリするので、休日もアクティブに過ごすことが多いです。

臨床検査部主幹 西村司からのメッセージ

写真:西村司

改善した検査データを見て喜ぶ患者さんにやりがいを感じます。

臨床検査部主幹 西村司

平成21年より当院勤務。
平成25年に健康運動関係功労者に対する厚生労働大臣感謝状を受賞。

問:臨床検査技師の仕事は幅広いですね。
西村 検査技師の仕事は生理検査と検体検査(生化学、血液、免疫、細菌、輸血、病理、一般検査)があり色々です。今後も広がりを見せると思います。私は生理検査業務の他に県病健康増進事業のメディコトリム、糖尿病患者の運動療法を担当しています。
問:認定資格も沢山ありますね。
西村 当院は複数の認定を持つ技師が多いです。幅広い知識と専門性が必要な検査の業務は多くの認定資格を取得することで相乗効果が生まれ業務に活かす事ができます。当検査部は認定資格の取得を推奨し、多くの研修会に参加する事ができる環境も整っています。
問:臨床検査技師の仕事をやっていて良かったことは何ですか。
西村 臨床検査の知識を活かし、メタボや糖尿病の患者さんの検査データの変化を確認しながら運動指導できる事や改善したデータを見て喜ぶ患者さんの姿を目にするとやりがいを感じます。
問:メディコトリム、糖尿病運動療法の担当をしているそうですが、どの様な事をしているのですか。
西村 体力測定、集団・個別指導、個人運動処方箋を作成して参加者に提供します。集団指導は楽しく運動をしてもらいたいので、笑いを大切にしています。血液データの管理・分析をして医師に提供しています。
問:メディコトリムや糖尿病運動指導で何か感じることはありますか。
西村 ハイリスク患者さんへの運動指導はスポーツクラブや自治体の健康増進事業では難しく指導を受ける機会が少ないので、病気が悪化する原因になります。ハイリスク患者への運動指導には医療スタッフの力が必要不可欠です。また、医療を主体とする健康増進事業を行うことにより短命県返上に貢献できると思います。
問:お忙しいと思いますが、ストレス解消は何ですか。
西村 運動指導の際に参加者の皆さんと大笑い、友人や仲間とお酒を飲みながら大笑い、中笑い、小笑いをすることです。

放射線部 副技師長(放射線技師)佐藤兼也からのメッセージ

写真:佐藤兼也

地方にいても
イノベーティブな仕事ができる
全国的な活動をすることが誇り。

放射線部 副技師長(放射線技師) 佐藤兼也

平成4年から当院勤務。
Signa 甲子園2009で金賞受賞。

問:金賞受賞は、MRI撮像での創意工夫が評価されましたね。
佐藤 MRIは臨床疾患に合わせてプロトコルを作成し、様々な知識を組み合わせて臨床上必要な画像を提供します。日々の創意工夫が重要です。金賞を受賞した時は、1.5Tesra装置で3次元撮像が短時間で可能になる方法を発表しましたが、機械の限界と可能性を知ってこその工夫です。
問:どのように勉強されたのですが。
佐藤 ほとんど独学です。学会参加や発表を通じて新しい情報を常に仕入れて、全国の方と突っ込んだ情報交換をしています。県病は院内での臨床研究も盛んで、今は脳神経外科の先生方と脳動脈瘤の破裂を予測する研究をしています。
問:首都圏との情報格差は感じませんか。
佐藤 確かに情報量は違うかもしれませんが、地方にいてもイノベーティブな仕事ができることを発信したいです。県病は「県民のための医療」というスタンスが明確ですが、ここで全国的な活動をすることが県民のためにもなると、誇りに思います。
問:仕事以外の時は何をされているのですか。
佐藤 家ではボーっとしています。ビジネス書で早く仕事を終えるための知恵を探したり、朝活で通信教育したり。放送大学で経営学(一般教養)の学士を取ったので、MBAに挑戦したいですし、IT化にも興味があります。
問:全然ボーっとしていないようです(笑)。認定資格もお持ちですよね。
佐藤 日本磁気共鳴専門技術者の認定を持っています。県内でもようやく2名取得し、合計3名になりました。2015年には青森県の認定研究会を発足させました。後任の育成などを含めた環境が地方においても整いつつあります。当院からも取得者が増えるよう協力していきたいと思います。
問:現在、当院のMRIは3台体制ですよね。
佐藤 MRIの3台体制は東北圏内でも珍しく、その中で3T装置を2台保有しているのは東北大学病院と当院くらいです。今後、検査の質の向上や適応拡大により強磁場化の傾向にあります。数年先を見据えてこのような整備をできたことは、県民の皆さんにとって大変喜ばしいことだと思います。地域での共同利用が拡大することを期待しています。
問:職場では頼りになる中堅職員ですね。
佐藤 上司への報告、連絡、相談は随時しますが、ボトムアップで仕事できる雰囲気があります。後輩には学会に出かけ、帰ったら一つでも新しいことにチャレンジしてと話してます。向上心があり、新しいことに挑戦したい、工夫したいという人材が増えるとうれしいです。

臨床工学部 技師 田中秀星からのメッセージ

写真:田中秀星

県病であれば
十分に経験を積めると感じています。

臨床工学部 技師 田中秀星

平成23年から当院勤務。
人工心肺を操作しているときにやりがいを感じています。

問:当院を選んだ理由は。
田中 ME業務全般をやりたいと思っており、県病は人工心肺や透析業務の他に人工呼吸器業務、心臓カテーテル検査・治療など幅広い業務とかかわることができるため、より良い経験ができると感じたからです。
問:臨床工学技士(ME)として、県病でお仕事をしていていかがですか。
田中 様々な医療機器の操作や管理をすることで、治療に携わることができる仕事なので、とてもやりがいを感じています。MEは12名いるのですが、ほとんどがまだ20歳代なので、全員でお互いの業務を助け合いながら仕事をしています。
問:臨床工学技士(ME)として、心がけていることは何ですか。
田中 医療機器の安全管理をする仕事なので、どうしても医療機器の方ばかりに集中してしまうのですが、治療は医師や看護師さん達との連携がないとできないと感じているので、できる限りの他の医療スタッフの人達とのコミュニケーションをとれるように心がけています。
問:やりがいを感じるときはどのようなときですか。
田中 どの業務をしているときにもやりがいは感じますが、心臓血管外科の手術に入って人工心肺を操作しているときが1番やりがいを感じます。人工心肺は専門的な知識と経験が必要なのですが、ここの病院であれば十分に経験を積めると感じています。
問:趣味は何ですか。
田中 今はこれといった趣味はないのですが、今後ゴルフやスノボーはやってみたいと思っています。特にゴルフは先輩もやっているので、ぜひ自分も挑戦してみたいと思います。
問:今後の目標について。
田中 今は体外循環技術認定士の資格を取るために、講義や実技セミナーを受け、勉強しています。今後は呼吸療法や透析の認定士などの様々な資格を取っていければいいなと思っています。
このページのトップへ