ここから本文です

キャンサーボード講演会26年度実績

平成26年度実績

回(開催日) 講師 テーマ 参加人数
第1回
(5月23日【金】)
リハビリテーション科
【小枝 淳一 先生】
症例検討
・社団法人慈恵会 青森慈恵会病院

リハビリテーション部 次長

(作業療法士)相馬 雅之 先生

・県立中央病院

リハビリテーション科 技師

(理学療法士) 今 美香 氏

講演

慶應義塾大学 医学部

リハビリテーション医学教室

准教授 辻 哲也 先生

~講演テーマ~
がん医療におけるリハビリテーションの役割
周術期から緩和ケア主体の時期まで
院内39名
院外45名
第2回
(6月27日 【金】)
腫瘍放射線科
【横内 順一 部長】
国立がん研究センター東病院
粒子線医学開発分野  

全田 貞幹 先生

支持療法
その研究方法とアウト
カムについて
院内35名
院外6名
第3回
(8月15日【金】)
医療連携部
【成田 富美子

主任看護師】

・(独)労働者健康福祉機構 関西ろうさい病院

・啓明会 相原病院ブレストセンター

リエゾン精神看護専門看護師

早川 昌子 氏

がん患者の心のケア 院内56名
院外19名
第4回
(10月10日【金】)
青森外科医会との合同開催
【岡林 孝弘
がん診療センター統括部長】
聖マリアンナ医科大学

内科学(呼吸器感染症内科)

教授 宮澤 輝臣 教授

肺がんにおける
呼吸器内視鏡
インターベンション
院内17名
院外25名
第5回
(27年1月30日【金】)
泌尿器科
【川口 俊明 部長】
症例報告

青森県立中央病院 泌尿器科

副部長 小笠原 賢 先生

講演

弘前大学医学部 泌尿器科学講座

教授 大山 力 先生

~講演テーマ~
ロボット手術の
現況と展望
院内40名
院外6名
このページを印刷する
本文はここまでです