ここから本文です

看護部 専門・認定看護師


ご覧になりたい項目をクリックしてください。

専門看護師
母性看護 急性・重症患者看護 がん看護
認定看護師
緩和ケア がん化学療法看護 乳がん看護
がん放射線療法看護 がん性疼痛看護 救急看護
小児救急看護 新生児集中ケア 脳卒中リハビリテーション看護
慢性心不全看護 皮膚・排泄ケア 感染管理
精神科看護

当院では、スペシャリストの育成にも積極的に取り組んでおり、看護サービスの向上に向け、様々な分野で活躍しています。

平成29年5月2日現在で、認定看護師は24名、専門看護師は3名、合計27名です。

専門看護師

母性看護専門看護師

母性看護専門看護師母性看護専門看護師とは、妊娠・出産・育児を体験する女性とご家族が、安全で満足できる妊娠・出産・育児ができるように看護ケアを提供する専門職です。

近年、ハイリスクな妊娠・出産・育児が増加し、さらに、女性やご家族の医療・看護に対するニーズの多様化が進んできています。その方たちに、専門家としてケアを提供するのが母性看護専門看護師です。

私は、総合周産期母子医療センター(4階南病棟・4階東病棟)・産婦人科外来などにおいて、様々な不安や心配事・予期せぬ出来事等を体験した女性とご家族に対し、様々な問題を解決できるように支援を行っています。
特に、育児に関する不安や心配事、予期せぬ出来事(緊急搬送・小さい赤ちゃんの出産等)の体験等について心理的に支援しております。

具体的には、NICUにおいて乳房ケアや搾乳・直接授乳ケア等を実施し、母乳育児支援を通した母親役割促進に向けた支援を行っています。産科外来では助産外来を実施しており、妊婦さんに対してゆっくり時間をかけてお話を聞き保健指導を行っています。さらに、スタッフ教育やハイリスクケースに対して地域と連携し、継続看護の充実を図っております。また、院内の看護研究支援も行っております。心配なことや不安なことは、気軽にご相談ください。

このページのTOPへ


急性・重症患者看護専門看護師

急性・重症患者看護専門看護師は、緊急度や重症度の高い患者さんとそのご家族への支援、さらに医療スタッフ間の調整を行い、最善の医療が提供されるよう役割を果たす専門職です。

私が現在所属しているICUには侵襲の大きい術後患者さんの他、あらゆる場から急性発症や重症化などの生命の危機状態にある患者さんが入院されます。突発的、急激な変化によって重篤な疾患を抱えた患者さんの身体的・心理的苦痛は計り知れません。そして、患者さんを取り巻く家族もまた重大な出来事に直面し、患者さん同様に多大なストレスを経験しています。

そのような環境の中で、日々の看護実践や教育はもちろん、患者さんやその家族を中心に、医療スタッフも含め、その問題に関わる者の価値観を明確にし、正しい方向性を見出せるよう、専門看護師として倫理的な問題にも調整役として役割を果たします。

また、院内を横断的に活動し、人工呼吸器装着患者さんの離脱への支援、呼吸ケアの充実を目指し、多職種と連携した呼吸サポートチームラウンドを行うとともに、呼吸ケアに関する相談に対応しています。

そして、院内の教育では、看護研究の研修担当および研究マスターとして研究支援を行うとともに、新採用研修「循環管理・呼吸管理」では、楽しく・わかりやすく・実りある研修をめざして実践型研修を企画し、
救急看護認定看護師や呼吸サポートチームメンバーと協働し、教育に携わっています。

看護部 急性重症患者専門看護師

がん看護専門看護師

がん看護専門看護師とは、がん患者さんとそのご家族の苦痛を身体、精神、社会、スピリチュアル(霊的)な側面から理解し、治療過程において、QOL(生活の質)に視点を置き、質の高い看護を目指しています。

近年、がん医療の進歩に伴い、「生存率・生存期間の延長」「治療の複雑化」の傾向が強まり、長期に渡り治療を受ける方や治療を受けながら社会生活を送られている方が増えています。また、がん治療についての情報が氾濫し、どのように選択していったらいいのか、混乱している方もいます。

看護部 がん看護専門看護師がん看護専門看護師は、治療・療養過程にある患者さん、そのご家族の伴走者と考えています。

時には、治療方針の決定など、倫理的問題が生じやすい場面に関わり、患者さんとそのご家族の思いを尊重しながら、治療や療養を行えるように倫理調整を行うこともあります。

患者さんとご家族を取り巻く、多くの医療職種との調整、看護師やその他医療職の相談、教育、看護の質の向上のための研究を行い、実践に還元することも行っています。

このページのTOPへ


認定看護師

緩和ケア認定看護師

緩和ケアとは、がんと診断された時から人生最期の時を迎えるその時まで、患者さんとご家族の意思を尊重し、その人らしく生きることを支えるケアです。
看護部 緩和ケア認定看護師
緩和ケアの対象は、痛みなど身体の症状がある方だけではありません。気持ちのつらさや、仕事・経済的なことにまつわる生活のつらさを抱えている患者さんやご家族も対象になります。

私たちは、少しでも多くの患者さんとご家族に緩和ケアが提供されるように、緩和ケアチームで活動しています。その他、消化器内科外来に認定看護師がおり、それぞれの場所で活動しています。もし、緩和ケアに関する相談、質問などがありましたらいつでもご相談ください。

患者さんとご家族の思いを第一に考え大事にしながら、他職種と連携し緩和ケアを実践しております。

このページのTOPへ


がん化学療法看護認定看護師

看護部 がん化学療法看護認定看護師がん化学療法看護認定看護師の役割は、がん化学療法を
受ける患者さんとそのご家族を支え、治療中の安全を守っていくことです。

当院では、4名のがん化学療法看護認定看護師がおり、1名は外来治療センターに、3名は病棟(消化器内科、血液内科)に勤務しています。

近年、がん化学療法は新しい治療法が次々と開発され、急速な進歩を遂げています。
私たちは、スタッフが化学療法についての理解を深め、患者さんに安心・安全な治療を提供できるよう、看護師を対象にがん看護教育を行っています。

患者さんとご家族は、治療に伴う副作用やさまざまな悩みを抱えながら療養しています。
そのような方々に対し、がん看護専門外来で副作用や治療に関する相談を受けたり、アピアランス教室で外見の変化に関する対処法などお話ししています。

何かお困りのことがありましたら、気軽にご相談ください。

このページのTOPへ


乳がん看護認定看護師

看護部 乳がん看護認定看護師乳がん看護認定看護師は、乳がん患者さんとご家族が抱える療養にかかわる困難について、共に考え、その困難なことの解決の手助けを行っています。

入院中や通院中の患者さんと個別面談を行い、状態に合わせて心理的ケア、情報提供をし、時には医師や他の医療者との橋渡しをして、よりよい療養環境が整うよう調整をします。

以上のような活動により、乳がん患者さんとそのご家族の、生活の質の向上に寄与することを目指します。
 
~個別面談での患者さんからのご質問など~

  • 乳房の手術方法を選べない。術式によってなにが違うのかもわからない。
  • 乳がんの治療による副作用について知りたい。
  • 術後キズのケア方法がわからない。下着はどうしたらいいのか。
  • リハビリの方法やリンパ浮腫について教えてほしい。
  • 子どもや夫、親にどうやって病気のことを伝えたらいいだろうか。
  • 再発が不安でたまりません。
  • 治療しながら仕事ができますか。

このページのTOPへ

がん放射線療法看護認定看護師

がん放射線療法看護認定看護師放射線療法は手術、化学療法とならび、がん治療の3本柱ですが、『被ばく』というイメージから不安や恐怖を感じる方が多くいらっしゃいます。
 
しかし実際は全身への影響が少なく、臓器の形態と機能を温存できることからQOLを高く保持できるという特徴があり、がんの根治から緩和まで、幅広い患者さんが対象となります。

当院では通常の外照射に加え、高精度な定位放射線治療・強度変調放射線治療・腔内照射・メタストロン治療・ゼヴァリン治療なども行っています。

がん放射線療法看護認定看護師は、外来通院および入院して治療をうける患者さんやその家族に対し、医師、看護師、放射線技師をはじめ院内各スタッフと協力しながら支援しています。

患者さんが安心して計画された治療を最後まで続けられ、治療による副作用を最小限にできるよう個々の生活に合わせた情報提供を行っていきたいと思います。

このページのTOPへ


がん性疼痛認定看護師

がん患者さんは、がん自体の痛みだけではなく、がんの進行や治療の副作用により、吐き気やしびれなどの症状に困っている方が多くいらっしゃいます。
これらの体の症状は、ときには心のつらさに影響します。

看護部 がん性疼痛認定看護師患者さんによっては、病状の進行による不安、経済面や家族の役割による悩み、人生の意味を問いかけたくなるつらさを抱えていることもあります。

がん性疼痛看護認定看護師の役割は、専門的知識や技術によって、患者さんの体や心のつらさに早期に対処し予防に努める看護を提供します。

ケアとして、患者さんとその家族の不安や悩みの相談に対応します。
また、薬剤の効果を評価し、症状に合った薬剤を選択することで、症状緩和に努めます。薬剤以外にもマッサージや温冷療法などの非薬物療法で、ケアを行うこともあります。

患者さんとその家族の方々が、笑顔ある日常生活が送れるように支援していきますので、いつでもご相談下さい。

このページのTOPへ

救急看護認定看護師

看護部 救急看護認定看護師-ひとりでも多くの社会復帰を目指して-

救急看護認定看護師は、現在3名が救命救急センター(救急外来、EICU)に所属しており、青森県ドクターヘリのフライトナースや、院内外での災害医療に取り組み活動しています。

わたしたちのモットーは「患者さんを主語にした看護の実践」です。救急看護は、新生児から高齢者までのすべての年代、突然発生した病気や怪我などのあらゆる疾患が対象になります。

関わる職種は医師やコメディカルはもちろん、地域や行政など非常に多岐にわたり、より強いチームワークが常に要求される分野です。

私たちは、そのような救急医療の現場において、患者さんやご家族が必要とする看護ケアを迅速かつ的確に実践し、直面する問題を医師らと共有し、臨機応変に対応しております。また、救命救急センターのみならず、院内全体の救急看護の質向上に努めております。

「これからの青森県を護る、これからの救命救急センター」のスタッフとして、情熱をもって一人でも多くの命を救えるよう研鑽していきます。

このページのTOPへ

小児救急看護認定看護師

看護部 小児救急看護師小児救急看護認定看護師の役割には、子どもと家族の状況・フィジカルアセスメントに基づいた小児トリアージの実践、子どもの虐待対応、事故予防の啓発活動があります。また、ホームケア指導など、育児支援の役割も担っています。
 
当院には初期救急~3次救急までの子どもが受診します。子どもが受診してから帰宅できるまでの介入~入院管理~大学病院・専門病院への転送など、子どもの状況に応じた多様かつ的確な介入が必要であるため、当院における小児救急医療の役割は、非常に大きなものといえます。
 
また、子どもの安全を保証するために、学校や行政など地域関連機関、他職種との連携が必要となるケースもあります。
 
「医療の主体は子ども」「主役は子ども」「子どもにとっての最善」このことを自身に常に問い続けながら、研鑽していきたいと思います。

このページのTOPへ

新生児集中ケア認定看護師

看護部 新生児集中ケア認定看護師新生児集中ケアに関する最新の幅広い知識・技術を
用い、NICUでの初期ケア、急性かつ重篤な状態にある新生児の身体的ケアおよび親子関係形成を支援する看護実践が主たる活動です。

子どもたちが教えてくれるサインを読み取り、ご家族の想いに耳を傾け、生理学的・神経行動学的安定化を図るためのケアを根拠に基づき行います。

また、医師や産科、他職種との連携を図り、最良の看護が提供できることを目指します。

年々超低出生体重児(1000g未満)入院数は増加し、平成25年度にはNICUが増床されました(NICU 15床、GCU 9床)。

県内唯一の総合周産期母子医療センターとして、救命とともに親子にとって安心して過ごせるような環境や看護を、医療チームでともに考え取り組んでいきます。

このページのTOPへ


脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

看護部 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師脳卒中とは、脳が卒然(突然)に中(あた)る病気で、大きく分けて脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血の3つの病気があります。
 
脳卒中は、脳の血管がつまる虚血性脳卒中、と脳の血管が破れる出血性脳卒中があります。脳卒中は脳のダメージを受けた部分により生じる障害は様々ですが、意識障害や麻痺、言語障害などが残ることになり、介護が必要となる原因の第1位となっています。
 
脳卒中リハビリテーション認定看護師とは、脳卒中発症直後からからモニタリングやケアを行い、その後の生活を見据えて、社会復帰を目指した援助を行うことが主な活動です。
 
看護部 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
青森県は脳卒中の死亡率が全国3位で、男性が2位、女性は3位となっています。
 
脳卒中の主な原因は高血圧や喫煙、不整脈などです。生活習慣の改善で予防できる疾患なので、日々の生活の見直しと継続した治療が大切です。脳卒中について聞きたいことがありましたら、御相談ください。

このページのTOPへ


慢性心不全看護認定看護師

看護部 慢性心不全看護認定看護師心臓は、肺や全身から血液を汲み上げ送り出す、ポンプとしての役割があります。

「心不全」とは、ポンプとしての役割が不足した状態であり、「肺や全身に水が溜まる」「疲れやすくなる」などの症状が現れます。

心不全は、増悪(悪化し、辛い症状が生じてしまうこと)と寛解(症状が良くなること)を繰り返し、徐々に進行していきます。

現在は、糖尿病や高血圧、喫煙習慣などがあるだけで、すでに症状のない心不全が始まっていることが解っています。

看護部 慢性心不全看護認定看護師心不全を進行させないためには、症状がなくても継続して
治療を受けること、生活を自己管理していくことが、とても大切です。

患者様やご家族の皆様が、病気と上手く付き合いながら、生活していける方法を考えるお手伝いを致します。
ご不明な点がございましたらご相談下さいますよう、お願い申し上げます。

このページのTOPへ


皮膚・排泄ケア認定看護師

看護部 皮膚・排泄ケア認定看護師皮膚・排泄ケア認定看護師とは、創傷(床ずれ・胃ろう、手術の傷など)、ストーマ(人工肛門、人工膀胱)、失禁(便や尿の漏れ)などの方を対象に専門的なケアを提供する看護師です。

床ずれをもつ患者さんや発生リスクの高い患者さんの体圧分散ケア、局所ケアについて医師、栄養管理師等と意見を交換しながら褥瘡回診を行っています。

失禁ケアでは、尿や便失禁の原因をアセスメントし、失禁に伴って起こる皮膚障害を中心にスキンケアを行っています。

看護部 皮膚・排泄ケア認定看護師失禁ケアでは、尿や便失禁の原因をアセスメントし、失禁に伴って起こる皮膚障害を中心にスキンケアを行っています。

ストーマケアでは、術前からストーマについての不安を軽減できるようにかかわっています。

また、術後はストーマケアの自己管理に向けてのケア方法の確立や、日常生活の問題に対してのケアを、患者さんと共に考えて実践しています。

ストーマ外来は、毎週月曜日、木曜日に予約制で行っています。予約については、外科外来にお尋ねください。

このページのTOPへ


感染管理認定看護師

感染管理認定看護師は「患者さんをはじめ、病院に関わる全ての人々」を感染症から守ること、すなわち
「感染対策」を目的として活動している看護師です。

感染対策を推進するに当たっては、チーム医療として多職種の協力が不可欠です。
そこで、感染対策に関わるチームである「感染対策チーム」を医師・看護師・薬剤師・臨床検査技師・事務職で構成し、活動しています。

感染対策の目的は、
★免疫が低下し感染しやすいリスクを抱えた患者さんに対して「安心・安全な療養環境および医療を提供」
すること
★良質かつ適切な医療を提供するため「職員の健康管理」をすること です。
私たちは、この目的のもとチーム員の専門的な知識と特性を生かし
看護部 感染管理認定看護師

・標準予防策の実践推進・指導・助言
・院内ラウンドを実施し、感染対策の実施状況の確認・指導・助言
・抗菌薬の使用状況の把握
・サーベイランス
・感染症発生時への迅速な対応と拡大予防
・感染対策に関する研修会の開催
・職員からのコンサルテーションへの対応
・地域からのコンサルテーションへの対応、研修会の開催
を実践しています。

このページのTOPへ


精神科認定看護師

精神科認定看護師の役割は、さまざまな身体症状が心の影響によって引き起こされたり増長されたりする
患者さんやそのご家族に対して、その専門性を活かし支援していくことにあります。

看護部 精神科認定看護師県立中央病院には、精神科病床はありませんが精神疾患の有無に関わらず、がんやその他の身体疾患の治療に伴って誰にでも現れる可能性のある

・病気の症状や予後に対する不安がある
・気分が塞ぎ込んで治療に前向きに取り組めない
・なぜだか夜眠れなくなった
・なぜだか急に食欲がなくなった


などの症状に対して
医師、臨床心理士、精神保健福祉士などの多職種のチームが、患者さんの状態に合わせて『何が最善か』を常に協議して対応しています。

こんな事で相談してもいいのかな・・・と迷わずに
気軽な気持ちでご相談ください

このページのTOPへ

このページを印刷する
本文はここまでです