ここから本文です

看護部 5階職場紹介

5階東病棟 [内分泌内科、皮膚科、眼科]

看護部 5階東病棟

部署紹介

スタッフ数:看護スタッフ31名(うち看護助手5名)、病棟クラーク1名 【平成29年度】
 
糖尿病センターは内分泌内科、眼科、皮膚科が互いに協力し合いながら治療に取り組んでいます。
各科の紹介をいたします。
 
内分泌内科は、医師を中心に看護師、栄養士、薬剤師、検査技師、健康運動指導士、歯科衛生士がスクラムを組んで糖尿病治療・教育を行い、患者さんらしい生活を継続していけるよう支援します。
 
眼科の硝子体手術等の手術件数は、県内屈指を誇り、多くの経験を基にアドバイス致します。
 
皮膚科は、糖尿病壊疽等急性期の治療を行う一方で、入院中の糖尿病患者の皮膚検診を行い、皮膚疾患予防に努めています。
 
また、専任の看護師が外来と連携し、フットケアや糖尿病療養相談を行っています。
当病棟は産休・育児休暇後の看護師も多く、ワークライフバランスに積極的に取り組んでいます。

5階西病棟 [整形外科、婦人科]

看護部 5階西病棟

部署紹介

スタッフ数:看護スタッフ40名(うち看護助手6名)、病棟クラーク1名 【平成29年度】
 
5階西病棟は、「いつでもどこでもだれにでも 目くばり気くばり思いやり」をモットーに、40名の看護スタッフが明るく笑顔で、患者さんやご家族へ思いやりのある看護を目指し、頑張っています。私たちの病棟は、整形外科と婦人科の混合病棟です。
 
整形外科には、股関節・膝・脊椎などに病気がある方や、事故でケガをして緊急入院となる方が多くいます。病気やケガのために、日常生活に不安を抱える患者さんやご家族の思いを受け止め、地域の病院と連携して患者さんの社会復帰を全力でサポートしています。
 
婦人科には、子宮や卵巣などの女性器に病気を抱えた方や、不妊症検査・妊娠初期検査の妊婦さん方が入院しています。私たちは、がん治療のために入退院を繰り返す方や、女性特有の心身的な不安を抱える患者さんとのコミュニケーションを大切にし、患者さんが安心して治療を受けることが出来るようにケアをしています。

このページを印刷する
本文はここまでです