ここから本文です

ゼネラルリスクマネージャーとは

看護スタッフ1名が専従で業務を行っています。
 
ゼネラルリスクマネージャーの役割
 
ゼネラルリスクマネージャーは、医療安全管理室に所属し、患者さんや来院者、医療従事者など病院に関わる全ての安全を守る活動をしています。
 
主な仕事は、医療事故防止のために各部門から報告されるヒヤリ・ハット事例の調査並びに原因分析、予防策の介入や指導を行います。さらに事例を医療安全推進委員会へ報告し、委員会で立案された改善策の周知や実践状況を確認しています。
 
時には、患者さんまたは医療者から「医療に関する」相談を受け、解決できるように関係部署と調整し対応することもあります。
 
他には安全への啓発、啓蒙活動として、ヒヤリ・ハット事例と対策、医療安全研修会の情報、「わたべのつぶやき・ワンポイントアドバイス」なども掲載した『医療安全ニュース』を発行しています。
 
また、看護職員に対して、再発している事例や重大な事故に繋がる事例が発生した場合は、リアルタイムに院内のイントラネットを介して各自に『警告』として情報を配信しています。
 
ゼネラルリスクマネージャーは、問題解決能力をはじめ、組織横断的に活動するための交渉力やコミュニケーション能力などの管理能力が必要とされ、重積も大きい役割です。しかし、看護師としての多くの経験が役立っていると思っています。
 
そして、患者の一番傍にいて一番多く接している看護師だからこそ、患者さんが安心して医療を受けられるように看護師視点から医療安全管理を実践していきたいと考えています。
 
施設によっては、ゼネラルリスクマネージャーをセーフティマネージャーや医療安全管理者とも呼びますが、多くのスタッフは私を「リスクの人」「ヒヤリの人」または「ゼネラル」と呼びます。
 
本当は、「医療安全の人」と呼んでいただければ・・・と少しだけ思います。
 

このページを印刷する
本文はここまでです