ここから本文です

フットケア外来

1.フットケアとは

糖尿病が進行すると、神経障害や末梢循環障害などの合併症の出現、視力障害、肥満などにより、
「痛みを感じない」「見えない」ことから気づくのが遅れ、ちょっとした怪我や火傷などが原因で足の切断に
つながります。
 
また、血糖値が高い人は炎症を起こしやすく、傷が治りにくくなっています。フットケアは、こうした足の壊疽や切断にならないように、足の手入れの仕方を知ることで、足を守っていきましょうということです。

2.フットケア外来について

対象患者さんは、糖尿病を有する方で、神経障害、末梢循環障害を合併されている、もしくは壊疽や切断歴のある方が対象となります。
 
紹介状を持参して内分泌内科を受診し、診察を受けます。その後、医師の指示により開始となります。
 
フットケアを行う資格を有する看護師が連携を組んで行います。
 

看護部 糖尿病センター

このページを印刷する
本文はここまでです