ここから本文です

院外処方せんの変更について

平成26年1月から、患者様へお渡しする院外処方せんが、大きな用紙(A4サイズ)に変わりました。

左半分に処方せん、右半分に処方せんに関する注意事項などが印刷されています。

また、処方せんの内容も、錠剤や散剤、水剤などの内服薬は、1回服用量と1日服用量が両方示されるように変わりました。

これらは、処方の指示をよりわかり易くすることで、医薬品に関わる医療事故を防ぐという目的で行われたものです。

変更後の院外処方せんはこちら[PDF1,278KB]

このページを印刷する
本文はここまでです