ここから本文です

在宅緩和ケア地域連携事業研修会(9月7日開催)

在宅緩和ケア地域連携事業研修会を下記にて行います。

テーマ

多様な療養の場(生活の場)での看取りをどう支えるのか

基調講演

超高齢多死社会にどのように対応してゆくのか 〜千葉県柏市での試み〜(仮題)

講師:東京大学高齢社会総合研究機構 准教授 飯島勝矢氏

ワークショップ

  1. 看取りにかかわる診療報酬体系について
  2. 多様な療養の場における看取りの実際〜医師の立場より
  3. 多様な療養の場における看取りをどう支えるのか〜訪問看護師の立場より
  4. 多様な療養の場における看取りをどう支えるのか〜ケアマネージャーの立場より
  5. 特別養護老人ホームでの看取り
  6. 在宅における死亡診断書の書き方

参加申込

定員

先着順200名(事前にお問い合わせください)

参加費

無料

日時、場所

日時

平成25年9月7日(土)14:00〜17:00

場所

青森県立保健大学 A棟大講義室
青森市浜館字間瀬58-1 電話:017-765-2000

問い合わせ先

青森県立中央病院 経営企画室
電話:017-726-8403

このページを印刷する
本文はここまでです