ここから本文です

青森県立中央病院家庭医プログラム

当プログラムは青森県立中央病院総合診療部を中心として地域の協力施設群を実践の場としています。
 
県内の多様な医療資源を組み合わせることにより、地域医療の現場で求められるコモンディジーズだけでなく、救急医療、入院医療に求められる全身管理、保健・福祉と連携した横断的なアプローチ、コストを考慮した医療など、実際の地域医療の現場で行われている総合的な視点をもった医療を学ぶことができるのが特徴です。
 
地域医療施設は小泊診療所、外ヶ浜中央病院、野辺地病院、十和田湖診療所、東通診療所、六ヶ所村地域家庭医療センター、大間病院、三戸病院、田子診療所など県内広範囲に存在しており、青森県内の医療の現状をふまえ県内の医療現場に適した人材の育成を行うことを一つの目的としています。
 
研修終了後に医局に所属することも可能ですし、医局に所属せずに県内医療機関に勤務することも可能です。また内容について個別に見直しすることも可能です。
 
研修期間海外研修もできます。
 

研修模式図

家庭医 研修模式図

家庭医専門研修

六ヶ所村地域家庭医療センター 指導医 松岡 史彦

十和田市立十和田湖診療所 指導医 米田 博樹

必修科目

  • 総合診療
  • 小児科
  • メンタルヘルス科
  • 救急医学
  • 整形外科

県内協力医療機関

家庭医 県内協力医療機関

研修の目的

地域医療をになう地域家庭医の育成を行い地域医療の発展に寄与すること
 
このため家庭医としての基本的な要素を組み込んだ下記到達目標を掲げPCM(Patient-Centered Medicine)を実践できることを目指します。

研修医の評価方法

指導医と振り返りによる形成的評価をおこないます。

 
定期的に開催される研修委員会にてプログラムの進捗状況を確認します。1年次、2年次の後半には、年に1回中間評価を行い、ポートフォリオや指導医からの評価をふまえて研修についてのフィードバックを行います。
 
最終的にはポートフォリオやレポート、指導医の評価、学会発表や住民への啓発活動などの院外の活動、各施設のスタッフの評価などを踏まえ、ポートフォリオの課題達成とプログラムの目標達成率80%以上でプログラムの終了を認めます。
 

プログラム例

1年目 ・総合診療科、一般内科(6ヶ月)
・小児科研修(3ヶ月)
・家庭医療専門研修(短期:2ヶ月)
・選択研修(1ヶ月)
・中間評価
2年目 ・必修研修(6ヶ月)
・家庭医療専門研修(中期:4ヶ月)
・選択研修(2ヶ月)
・中間評価
3年目 ・家庭医療専門研修(長期:6ヶ月)
・選択研修(6ヶ月)
・最終評価

研修総括プログラム責任者

学外講師 六ケ所村地域家庭医療センター 松岡 史彦

研修プログラム講師

青森県立中央病院総合診療部部長 葛西 智徳

青森県立中央病院救急救命センター長 花田 裕之

青森県立中央病院救急部長 齋藤 兄治

青森県立中央病院総合診療部 伊藤 勝宣

このページを印刷する
本文はここまでです