ここから本文です

緩和ケアセンター(緩和ケアチーム)

緩和ケアセンター(緩和ケアチーム)の新着情報

このページを印刷する

 

緩和ケアセンター
身体の痛みや心のつらさを和らげる医療
~ 緩和ケア
専門家で構成された医療チーム
~ 緩和ケアチーム
ニュースレター 緩和ケア研修会
症例検討会 緩和ケア勉強会



 

 
「がん対策推進基本計画(平成24年6月閣議決定)」において、「がんと診断された時からの緩和ケアの推進」を重点的に取り組む課題として位置付けています。

青森県のがん診療拠点病院である青森県立中央病院は、平成20年6月から緩和ケアチームが、同年9月からは緩和医療科外来がスタートしました。

身体の痛みや心のつらさを和らげる医療 ~ 緩和ケア

特定非営利活動法人日本緩和医療学会では、緩和ケアを「重い病を抱える患者やその家族一人一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケア」と定義しています。

がんの患者さん・ご家族は、病気に伴う身体の痛みやつらさだけではなく、気分の落ち込みや不安感、医療費などの経済的な問題や生活の不安など、様々なストレスを抱えております。これらの問題は入院、外来、在宅療養などのさまざまな場面で生じるため、がんと診断された時から、治療・その後の療養生活に至るまで切れ目がないように緩和ケアが提供される必要があります。

緩和ケアは、心身の苦痛や心配事を和らげるために医療だけではなく、社会制度の活用も含めた幅広い支援を早期から行い、患者さん・ご家族が自分らしく充実した日々が過ごしていただくことを目的としています。
 

このページのTOPへ

専門家で構成された医療チーム ~ 緩和ケアチーム

緩和ケアチームとは、痛みなどの身体症状、抑うつやせん妄などの精神症状、家庭、仕事、療養の場、経済的問題やこれらに伴う不安などの心理社会的問題を緩和する支援を行う専門家として、医師、看護師、薬剤師、臨床心理士、メディカルソーシャルワーカー、精神保健福祉士、理学療法士、作業療法士及び栄養士などからなる多職種のチームです。

各メンバーは連携をとりながら、不快な症状を和らげるための専門的治療やケアを行います。また、医療連携部、がん相談支援センターや院外の医療チームと連携して、転院や在宅療養などの療養上の相談や、家族の悩みや仕事の悩みなど生活に関わる相談にも対応しています。

  • 患者さん、ご家族で気持ちのつらさがある方は臨床心理支援部をご覧ください。

緩和ケアチームの構成メンバーとその役割

 

緩和ケアチームの活動状況


 

このページのTOPへ

ニュースレター

ニュースレターは3種類あります。

*SPARCSニュース (平成24年12月~)

Special Project for Awareness and Relief of Cancer Symptoms

(がん疼痛治療の施設成績を評価する指標の妥当性を検証する研究)

 
平成23年度より開始した厚生労働科学研究について記載したニュースレターでしたが、研究だけではなく緩和ケアに関することを掲載しています。

*PCTニュース (平成23年8月~平成26年3月まで)

PCTは、Palliative(緩和) Care(ケア) Team(チーム)の略称です。
緩和ケアチームの活動状況をお知らせしていましたが、Vol.11をもってSPARCSニュースに移行しました。

*りぼん通信 (平成25年1月~)

患者さんと医療者をつなぐニュースレターです。

このページのTOPへ

 

緩和ケア研修会

「がん対策推進基本計画」(平成24年6月閣議決定)では、がん診療に従事するすべての医師が緩和ケアに関する基本的な知識、技術を身につけることを重点目標としており、さらに「がん診療連携拠点病院の整備について」(平成26年1月10日付け健発0110第7号健康局長通知)では、がん診療連携拠点病院の指定要件として、「緩和ケア研修会標準プログラム」に準拠した「緩和ケア研修会」を定期的に実施することが明示されております。当院での開催状況は、年1回以上開催しております。

  • 今年度は7/16(日)、7/17(祝)です。

このページのTOPへ

症例検討会

*症例検討会 (平成27年度~)

緩和ケア勉強会

*緩和ケア勉強会 (平成27年度~)

このページのTOPへ

本文はここまでです